やっぱり 北海道にいこう 生「べてるの家」に

昨日は いろんな人から
べてるの家の講演会に行ったの? ときかれたが
いえ 行けなかったんです と答えた

参加された方が
メモを送ってくださって ふむふむ と拝読

フリーターズフリーの方が
寄せ場交流会のついでに ココルームに寄ってくださった
べてるの話におよぶと
この方は 浦河まで見学に行かれたそうで
生べてるの話をきいた

すごく淡々としているそうだ

たくさんの中年の女性が働いていたのも印象深い と

べてるの家が淡々と仕事をしている というのは
すごく納得できる
じつに 体感したいものだ
いつか 北海道べてるツアーを組みたいな

病気に依存することなく
あたりまえの苦労を引き受けること


昨夜は ワークショップの準備などに追われ
へとへとになる
このところ 自律神経が弱っているようで
脈が弱いというか
ちからが入らない というか
あたま悪いのがますます 悪い
こまったな
鞍馬山とか高野山行きたいな
(たぶん自然が足りない)

体調がわるそうな友人を病院に紹介した
昨日やっと診察してもらったそうだ
この人の場合は 貧乏と忙しいのを理由に
病院に行かなかった

診察してくれたお医者さんから電話をいただく
もちろん検査結果次第だが
それでも だいたいの治療方針はたったようで
安堵する
[PR]

by books131 | 2007-07-08 10:41