神戸映画資料館じょうほう


【関西初上陸「死ね!死ね!シネマ」】
2月10日(金)~14日(火)

「死ね!死ね!シネマ」
(2011/72分/DV)
製作・監督・脚本:篠崎誠

東京・渋谷に移転したばかりの映画美学校で惨劇が起きる。卒業制作の試写会で学生の映画を酷評した講師シマザキが、逆に観客から野次られて発狂。42人を虐殺する。それから4年後、事件当時、女子高生だったなつきは、廃墟となった映画美学校で究極のホラー映画を撮ろうとし、周囲を地獄に巻き込むことになる……。

映画美学校の実習として作られた短編を発端に、篠崎誠のあくなき映画作りの追求により度重なる追加撮影を経て、“究極の映画”が誕生した。

予告篇
http://www.youtube.com/watch?v=igk6fWOEHeU

[併映]「殺しのはらわた」
(2008/30分)監督:篠崎誠


【外国映画名画鑑賞会】
2月11日(土・祝)・12日(日)

上映作品は、当日のお楽しみとさせていただきますが、選りすぐりの傑作・名作を揃えて上映しますので、どうぞご期待ください。
今回は、1970年代のアメリカ映画2作品を16mmプリント、日本語字幕投影で上映します。
(会員の皆様からの上映作品タイトルの問い合わせを、電話・e-mailで受け付けます。会員番号をご確認の上、お問い合せください)

詳細
http://kobe-eiga.net/program/

上映時間
http://kobe-eiga.net/schedule/2012/02/


■■■■■■■■■■
お知らせ
■■■■■■■■■■

■ラジオ関西の映画番組「シネマキネマ」(毎週火曜日深夜1時30分~)で、『死ね!死ね!シネマ』の篠崎誠監督電話インタビューが2月7日(火)に放送される予定です。

■ 新規収蔵した書籍を紹介する「今月の一冊」のコーナーで、『映画のなかの社会/社会のなかの映画』(編著:杉野健太郎 監修:加藤幹郎/ミネルヴァ書房刊)を取りあげました。
http://kobe-eiga.net/siryo/2012/01/post_18.php

■シネマ倶楽部会員・支える会サポーター特典の一部改訂
有効期限内に次回更新手続きをしていただいた場合に限り、ポイントの繰り越しが可能になりました。
5ポイントで招待券を発行しています。今回の改訂により、貯まったポイントを無駄なくお使いいただけます。
http://kobe-eiga.net/cinemaclub/

■ミュージック・アーカイヴ 2回目
 ─大きい音、小さい集まり─
2月18日(土)18:30~
会場:神戸映画資料館ロビー
http://www.kobe-eiga.net/event/2012/02/#a001574
[PR]

by books131 | 2012-02-05 17:21 | イベント転載