公開セミナー 「子どもの貧困に対する政策を考える」

国立社会保障・人口問題研究所/ブリストル大学 主催
同志社大学社会福祉教育・研究支援センター、当センター共催
公開セミナー 「子どもの貧困に対する政策を考える」
開催のご案内
*
日本の子どもの貧困率は今や15.7%である(2009年値)。
ようやく「子どもの貧困」が認識されつつある日本社会だが、
子どもに対する政策は、依然として迷走状態にある。

当セミナーに日英の第一線で活躍する研究者が一堂に会する。
1999年に「子どもの貧困撲滅」を公約に掲げ、
2010年には「子どもの貧困法」を成立させたイギリスの
十数年の成功と失敗から日本が学ぶべきことは何か、
子どもの貧困に対してどのような教育、福祉、社会保障政策を
打ち出していくべきか、たっぷりと議論していく。
*
>>案内(チラシ)はコチラ【PDFファイル】


◇◇◇
日時: 2012年1月9日(月・祝) 10:00~17:00
会場: 同志社大学 寒梅館ハーディーホール
※事前申し込み不要・入場無料
※日英同時通訳あり
◇◇◇
【敬称略】
第Ⅰ部 日英における子ども手当・子ども給付の迷走
ジョナサン・ブラッドショー(ヨーク大学)
所 道彦(大阪市立大学)
第Ⅱ部 子どもの貧困と社会的排除を理解する
エスター・ダーモット(ブリストル大学)
松本 伊智朗(北海道大学)
第Ⅲ部 子どもの貧困に抗う実践プログラム
湯澤 直美(立教大学)
埋橋 孝文(同志社大学)

挨拶/司会/コメント
橘木 俊詔(同志社大学)
山森 亮(同志社大学)
矢野 裕俊(武庫川女子大学)
マーサ・メンセンディーク(同志社大学)
デイヴィッド・ゴードン(ブリストル大学)

企画
阿部 彩(国立社会保障・人口問題研究所)

共催: 同志社大学社会福祉教育・研究支援センター
同志社大学ライフリスク研究センター
後援:京都府、京都市、京都府社会福祉協議会、
京都市社会福祉協議会、NHK京都放送局、京都新聞社


◇◇◇
お問い合わせ
同志社大学ライフリスク研究センター事務局
Tel: 075-251-3728 Fax: 075-251-3727
E-mail: rc-risk@mail.doshisha.a
[PR]

by books131 | 2011-12-24 17:00 | イベント転載