「3.11 A Sense Of Home Films」上映会+ディスカッション

 應典院コミュニティ・シネマ・シリーズVol.18映画
「3.11 A Sense Of Home Films」上映会+ディスカッション
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3.11以降、政治や経済、文化に違いなく、「震災に我々は何ができ
るのか」と、それぞれの存在の根源について問い直すこととなりま
した。芸術やアートもまた同様です。
「震災に映画は何ができるのか」
第18回コミュニティ・シネマ・シリーズでは、震災後のコミュニティ
や生き方を考えることをねらいとして、映画「3.11 A Sense of
Home Films」とトークを開催します。この映画は、なら国際映画祭
を主催する河瀨直美監督の呼びかけに応じて、世界各地21人の作家が
それぞれ3分11秒の短編映像を制作したオムニバス作品です。
東日本大震災で多くの家族や地域が失われた現実を前に、今一度
「Sense of Home」(「家」という感覚)について問い直します。
また、後半のトークでは、コミュニティシネマの理念を軸に、
映画が持つ根源的な力を改めて問い直します。映画を通して「震災を
考える」リテラシー、またすぐれた鑑賞者である市民の育成や映画館
(上映の場)というコミュニティの開発など、若い映画人とともに
語り合います。


◆開催日  11月24日(木)
◆時 間  19:00~20:00  映画上映
      20:00~20:20  河瀨直美監督ティーチイン
      20:30~21:30 ディスカッション「震災に映画は何ができるか」
              山﨑都世子(映画監督)
              中野聖子(なら国際映画祭理事)
              関嘉寛(関西学院大学社会学部准教授)
秋田光彦(浄土宗大蓮寺住職)
山口洋典(應典院寺町倶楽部事務局長・立命館大学准教授)

◆会 場  應典院本堂ホール
(大阪市天王寺区下寺町1-1-27:地下鉄谷町9丁目・日本橋各駅から徒歩6分)
◆主 催  應典院寺町倶楽部
◆後 援  関西学院大学社会学部、
      NPO法人日本災害救援ボランティアネットワーク(NVNAD)
◆協 力  ビジュアルアーツ専門学校、
      NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)
◆助 成  公益財団法人 JR西日本あんしん社会財団
◆参加費  一般\1,200、学生\1,000
應典院寺町倶楽部会員・関係団体・被災者の方 \800
◆定 員  100名
◆申込み  オンラインhttp://uemachi.cotocoto.jp/event/46382
      TEL:06-6771-7641
◆問合せ  TEL:06-6771-7641

◆映画紹介
A Sense of Home Films
【製作年】2011年 【時間】約60分
【監督】
ビクトル・エリセ:スペイン/河瀨直美:日本/
アピチャッポン・ウィーラセタクン:タイ/ジャ・ジャンクー:中国/
桃井かおり:日本/レスリー・キー: シンガポール/
イサキ・ラクエスタ:スペイン/ポンジュノ:韓国/チャオ・イェ:中国/
山﨑都世子:日本、ペドロ・ゴンザレス・ルビオ:メキシコ/
アリエル・ロッター:アルゼンチン/モハメド・ナジブ・ラザク:マレーシア/
ウィスット・ポンニミット:タイ/ソー・ヨン・キム:韓国・アメリカ/
ジョナス・メカス:リトアニア/カトリーヌ・カドウ:フランス/
スティーブン・セブリング、パティ・スミス:アメリカ/
西中 拓史:日本/百々俊二:日本/想田和弘:日本

※映画の詳細は、website http://www.nara-iff.jp/about/311-a-sense-of-home-films.php
 をご参照ください。
[PR]

by books131 | 2011-11-15 14:37 | イベント転載