セミナー「子どもの未来に私たちができること

セミナー「子どもの未来に私たちができること
~ここまで進んだシックハウス対策」開催
化学物質過敏症など環境医学の権威・ミラー先生来日記念講演

我が国での「シックハウス対策」は平成12年以降法規制が強化されてきたものの、
アレルギーやぜんそくなどで苦しむ人はむしろ増加しているとのデータが報告されています。
また、全国10万人の胎児期から子ども期まで13年間にわたる本格的な疫学調査「エコチル調査」も
今年から始まりました。しかし、まだ社会的な問題意識や対策は十分とは言えません。

当社は、千葉大学の「ケミレスタウンR・プロジェクト」に参画し、今年7月には空気
環境配慮仕様「エアキス」を販売開始するなど、子どもを基準にした室内化学物質の
低減に努めてきました。

そしてこのたび米国の公衆衛生・環境医学の世界的権威である
クラウディア・S・ミラー博士を招き、セミナーを開催する機会を設けることができました。

同時に上記の「ケミレスタウンR・プロジェクト」の成果や、それを踏まえた
積水ハウスの住宅技術開発や取り組みについても発表いたします。

つきましては、下記の通りご案内致しますので、ご参加賜りますようお願い申し上げます。

―― 記 ――

1.開 催 日 時  平成23年11月10日(木)  13:30 ~ 16:30

2.開 催 場 所  イイノホール&カンファレンスセンター 4階RoomB
東京都千代田区内幸町2-1-1 03-3506-3251
(地下鉄内幸町駅直結、霞が関駅徒歩1分、虎ノ門駅3分)

3.出 席 者
テキサス大学医学部教授・医学博士 クラウディア・S・ミラー 氏
東海大学 大学院医学研究科教授・医学博士  坂部 貢 氏
千葉大学 大学院医学研究院教授・医学博士  森 千里 氏
積水ハウス株式会社 代表取締役社長 兼 COO 阿部 俊則

4. プログラム   下記の通り

5.お問合せ先   積水ハウス株式会社
広報部/大阪(TEL : 06-6440-3021)・東京(TEL : 03-5575-1740)

<以下セミナー概要です>

子どもの未来に私たちができること~ここまで進んだシックハウス対策
化学物質過敏症など環境医学の権威・ミラー先生来日記念講演

主催:積水ハウス株式会社
後援:NPOケミレスタウン推進協会

日時:平成23年11月10日(木)
場所:イイノホール&カンファレンスセンター (東京都千代田区内幸町2-1-1)

<参加費無料>

プログラム
<第一部> 13時30分~15時
主催者挨拶   積水ハウス株式会社 社長兼COO  阿 部  俊 則
開催にあたって 千葉大学 大学院医学研究院    森    千 里 教授
・東海大学 大学院医学研究科 坂 部  貢   教授

基調講演   「子どもの基準で化学物質を見直す意義」(仮題)
テキサス大学医学部教授  クラウディア・S・ミラー 博士
<逐次通訳あり>

<休憩> 15時~15時20分

<第二部> 15時20分~16時30分
パネルディスカッション テーマ:「ケミレス研究から見えてきた化学物質対策の今後」

コーディネーター 戸高恵美子氏  (千葉大学予防医学センター准教授)
パネリスト    クラウディア・S・ミラー氏 (テキサス大学医学部教授)
坂部 貢 氏  (東海大学大学院医学研究科教授)
森 千里 氏  (千葉大学大学院医学研究院教授)
石井 正義   (積水ハウス株式会社総合住宅研究所技術研究室長)
<質疑、逐次通訳あり>

*積水ハウスは日本臨床環境医学会学術集会(11月12日~13日・千葉大柏の葉キャンパス)に
協賛しています。
*積水ハウスは千葉大学の「ケミレスタウンR・プロジェクト」に参加しています。
--「ケミレスR」「ケミレスタウンR」はNPO法人次世代環境健康学センターの登録商標です。

<講師プロフィール>
クラウディア・S・ミラー 氏
テキサス大学医学部教授・医学博士。公衆衛生・環境医学に関する世界的権威。
環境、医学、臨床、研究と広い範囲の経験を持ち、米国だけでなく、カナダ、タイなど
でも政府の諮問委員を務める。著書「化学物質の曝露、低レベルでも高い危険性」は、
WHOの権威ある「Macedo賞」を受賞。
化学物質影響評価手法で代表的な”QEESI”を開発した。
「第20回日本臨床環境医学会学術集会」記念講演のため来日。

森 千 里 氏
千葉大学大学院医学研究院環境生命医学教授・医学博士、エコチル調査
千葉ユニットセンター長。胎児期の環境汚染の影響を調べ改善する方法を探り、
将来起こりえる疾患を予防する「環境改善型予防医学」を提唱。
「ケミレスタウンRプロジェクト」を推進し、「ケミレスR認証」制度を立ち上げる。

坂 部 貢 氏
東海大学大学院医学研究科教授・医学博士。北里大学北里研究所病院臨床
環境医学センター長
数多くの化学物質過敏症の臨床経験例からその病態解明に尽力。
日本臨床環境医学会理事長。

<申込>
会場の都合がございますので、参加いただける場合は、本用紙にご記入の上、
11月4日(金)までにファックスまたはEメールでご返信いただきますようお願いいたします。
定員に達した場合は受付できない場合がありますのでご了承願います。

-----------------------------------------------------------------
積水ハウス株式会社 広報部/森本 行
( E‐mail : y-mrmt@qz.sekisuihouse.co.jp ・ FAX : 03-5575-1709 )

11月10日ミラー先生来日記念講演参加希望

貴社・貴団体名
ご所属
ご芳名
メールアドレス
[PR]

by books131 | 2011-10-28 18:46 | イベント転載