村川拓也演出作品『ツァイトゲーバー:Zeitgeber』公演のご案内〈期間11/4~8〉

11月初めに東京池袋で行う舞台公演【ツァイトゲーバ-】のご案内です。
一週間後に上演が始まります!!

現在池袋駅を中心に都内各所で開催されております、
フェスティバル/トーキョーの公募プログラム作品のひとつです。
ドキュメンタリー映画作家でもあり、
京都を中心に舞台作品を創作している村川拓也演出の舞台作品です。
今回初の東京公演作品となります!

ひとりの男が舞台上で労働する。介護・介助をひたすら行う作品です。
このように書きますと、とっつきにくいとか難しそうとか思われる方が多いですが、
シンプルなひとり芝居になっておりますので、気負わずにご覧頂けます。

*゜*゜*゜演出家村川拓也のコメントです*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜
池袋にあるシアターグリーン“BIG TREE THEATER”という劇場は急勾配な客席が特徴的だ。
客席から遠くはなれた舞台で、しかも客席から見て底の方にある舞台で、男が働いている。
介護/介助の仕事をしている。
客席が急勾配なので男は少し首を上げ気味にしている。
その労働は毎日繰り返され、何度も行き止まり、言葉は腐りかける。
単なる事実としての世界とはなんだろう。
単なる事実なんてあってないようなものだけど、事実を解決させなかったり、
機能させないことだと思う。
労働から目的を引き剥がす。
目的を引き剥がされた労働は、無機能だ。
しかし、無機能なゆえに新たな機能を獲得することだってある。
*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜*゜

因みにタイトルはドイツ語ですが直訳で、「時を与えるもの」となります。


現在稽古場ではひたすら反復稽古をしております。
一週間後に始まる舞台も毎日ひたすら上演致します。

上記コメントにもありますように、
今回は劇場空間の利用にもポイントを当てております。
作品は観ないと始まらないものなので、
よろしければひたすらぶりを観に是非お越しください!
今回は学割もリピーター割引も設けておりますので
よろしければぜひ!劇場にお越しください!!

以下詳細になります。

*****************************************************************
【ツァイトゲーバー :zeitgeber】
●日時
11/4 金 19:30~
11/5 土 14:00/20:00
11/6 日 14:00/20:00
11/7 月 14:00/20:00
11/8 火 14:00/17:00

*上演時間は約1時間を予定。
*受付は上演の1時間前から、開場は上演の30分前から。

●会場
シアターグリーン Big TreeTheater
最寄駅:JR池袋駅
豊島区南池袋2-20-4
03-3983-0644

●料金
前売一般 2500円
当日一般 2800円

学生前売 2000円
学生当日 2300円

リピーター割引:二回目の観劇以降 1000円均一

●チケット取扱
*F/Tチケットセンター
 03-5961-5209(12時から19時受付)
*村川拓哉HP
http://murakawa-takuya.com内チケットページにて予約受付中です。
↑ ↑
◎公演詳細も上記HPからご覧いただけます。
[PR]

by books131 | 2011-10-28 15:12 | イベント転載