『イラク民主主義革命に連帯し、イラク検証委員会設置をめざす国際集会

速報!NO1

11月19日東京、20日大阪
『イラク民主主義革命に連帯し、イラク検証委員会設置をめざす国際集会
~戦争NO!原発NO!命を守る社会をつくろう!』を開催します

<東京>

11/19(土):13時30分開始 機械振興会館 http://www.jspmi.or.jp/kaikan.htm
                東京メトロ日比谷線神谷町駅下車 徒歩8分
<大阪>
11/20(日):13時30分開始 大阪市都島区民センターホールhttp://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016601.html
           地下鉄長堀鶴見緑地線、JR環状線「京橋」下車 徒歩10分

ゲスト:イラクからIFCイラク自由会議メンバーの来日予定!

参加費:前売り;一般 1000円、学生・障がい者・失業者;800円 (当日券は各200円UP)

スタッフ大募集!してます

実行委員会:東京9/28(水)夜、

大阪10/1(土)14時 メディアスタジオSANAにて
http://www.geocities.jp/mediastudiosana/map.html

<お問い合わせ>

主催 11/19・20国際集会実行委員会

電話:090-5646‐4273(土屋)090-8162-3004(川島)

info@peacetv.jp イラク平和テレビ局inJapan事務局

皆様、ご参加くださいね!

□イラクは今・・・

チュニジア、エジプトから始まった中東民主主義革命は、イラクでも巨大な
うねりとなっています。

今年2月25日には、イラク各地で、何千、何万という市民のデモが「安
全・パン・自由」を求めて街頭にあふれ出ました。イラク民衆が政治を自分
たちでつくり出そうと立ち上がっています。

□11月国際集会

イラクから民主主義革命の先頭に立つIFC(イラク自由会議)のメンバー
を招請します。イラク戦争から占領の長い歴史の中で奪われてきた民衆のあ
らゆる生きる権利を取り戻そうと立ち上がる闘いとそのエネルギーを聞いて
ください。

イラクと日本の国際連帯の力を強め、戦争と貧困をなくし、原発を廃絶するために共に闘っていきましょう

そして日本の戦争責任を問うために日本政府に、イラク戦争検証委員会の設
置を求めていきましょう。

□国際連帯の力が、今重要です!

イラクIFC(イラク自由会議)から届いたメッセージ読んでくださいね!

『・・・この何年間もの日本からの支援のおかげでイラクの民衆は確固とし
た展望を持つことができました。

私たちにはなお支援が必要です。なぜなら、イラクの現在の情勢は決定的な
状況になっているからです。日本からの支援は、イラク民衆とイラクの運動
をより強いものにします。日本とイラクの連帯は、大きな希望を与えてくれ
ます。イラク民衆に対する日本からの支援は非常に重要です。

福島原発事故は大惨事でした。イラクの運動にも影響を与えました。
私たちは、皆さんの失ったものの悲しみを感じます。私たちも占領軍の支配
と戦争と民族主義勢力によって、友人を失い、愛する人を失いました。

ですから、私たちも福島で原発事故によって失われたものの悲しみを感じる
ことができるのです。そうであるがゆえに皆さんに共感します。

イラク民衆とIFCは、皆さんが失われたものに対する悲しみに共感しています。
日本のすべての皆さんに、日本の民衆とイラクの民衆は何年間にもわたって
一つの闘いを築き上げてきたということを知ってもらいたいです。そして皆
さんは誇りに思ってください。なぜなら、みなさんがこのイラクの闘いをと
ても強固なものにしたからです。そして私たちはなおこの連帯が必要なので
す。』(2011/9.3IFCサミール議長)

□イラクIFCからのメッセージ

11月集会に期待するもの

この集会に期待する1つ目は、IFCの代表が参加してイラクの最新の状況を日
本の皆さんに伝えることです。

2つ目は日本とイラクの国際連帯の闘いを強化することです。
イラク民衆はますます力強くなり展望を持っています。自由、安全、平和を
獲得する闘いは孤立しているのではなく、日本や全世界の民衆の支持を受け
ているのです。

もう一つ期待したいのは、この国際集会が国際的な闘いを広げるものになっ
てほしいということです。それは、アラブの春、アラブの民衆蜂起がイラク
民衆とアラブ民衆の力をより強化し、自由と平等とより良い世界を獲得する
と言う展望を与えたからです。
[PR]

by books131 | 2011-09-24 13:41 | イベント転載