白沙村荘(はくさそんそう)まるごと鑑賞ツアーのご案内

第30回美術鑑賞ツアー
白沙村荘(はくさそんそう)まるごと鑑賞ツアーのご案内

◆日時:2011年10月2日(日)
    集合・鑑賞:13時30分~15時30分
    感想会:15時30分~16時30分

◆場所:白沙村荘関雪記念館
     〒606-8406 京都市左京区浄土寺石橋町37
     TEL 075-751-0446
     ホームページ:http://www.hakusasonso.jp/top/

◆参加費:1000円(入場料含む)
     鑑賞後、15時30分頃から邸内のレストランNOANOAにて感想会
     (自由参加・お茶代は各自負担)

◆集合場所・時間:
 (1)13時20分 市バス 銀閣寺前または銀閣寺道バス停
(2)13時30分 白沙村荘入り口
   ※行き方、バス停での待ち合わせの詳細については、参加決定後、
直接やりとりをさせていただきます。

◆募集要項
 ・募集人数  
  見えない人/見えにくい人 10名
  見える人         20名


■案内文

 白沙村荘は、大正昭和の京都画壇で活躍した日本画家・橋本関雪が
営んだ広大な邸宅で、国の名勝に指定されています。
そこは彼が暮らし、絵を描いた場所であると共に、建築の原案から
庭石や木の配置まで、全てが関雪自身の手によるものであることから、
その場所自体が、関雪が大地に描いた作品であるとも言えます。
「画を描く事も、庭を造ることも、私にとっては一如不二のことであった」
          白沙村人 「白沙村荘を語る」より

 観光客でにぎわう銀閣寺参道、哲学の道にさしかかる所に、見落として
しまいそうな白沙村荘の入り口があります。
ひとたび門をくぐると、今までの喧騒が嘘のような静けさ…吹く風も
違うかのように感じられる空間が広がっています。
 今回は、その白沙村荘内の展示室の絵をはじめ、庭園、建物、雰囲気など、
関雪の作品が生まれた空間を、まるごと鑑賞するツアーです。

※銀閣寺や哲学の道へ行く時、必ずと言っていいほど通る道ですが、
知名度が低いようで、知る人ぞ知るといった場所です。
哲学の道の桜は、関雪が寄贈したもので、その桜並木を関雪桜と
呼ぶそうです。

(コーディネーター; 戸田直子/むかひらまゆみ)

◆申し込み/問い合わせ
 「ミュージアム・アクセス・ビュー/阿部」まで

 1.お名前 2.連絡先 3.障害の有無 4.同伴者の有無 5.感想会に参加・不参加
 をお知らせください。

 ▽携帯番号 080-5352-7005
 (留守電の場合はこちらから連絡します。当日の緊急連絡もこの番号へ)

 ▽メールアドレス:
 museum_access_view●yahoo.co.jp
 (受付後、折り返し確認メールを送ります)
[PR]

by books131 | 2011-09-04 22:31 | イベント転載