ベラルーシ : 死刑に終止符を

■死刑廃止
------------------------------------------------------------
▼ベラルーシ : 死刑に終止符を

ベラルーシは、欧州および旧ソ連諸国の中で、死刑を存置している最後の国です。あなたの署名が、欧州から死刑を追放する力になります。
同国では、ずさんな司法制度によって死刑判決が言い渡されている恐れがあります。処刑は後頭部への銃撃によって行われ、処刑の日や遺体がどこに埋葬されたかについての公式な情報は親族にも伝えられません。


▼サウジアラビア : 処刑をくいとめるために

いま、二人の男女が、処刑のふちに立っています。彼らの命を救うために、世界の人びとの声が、そしてあなたの声が必要です。
ナイジェリア人のスリアモン・オルフェミさんは、彼には理解できないアラビア語で行われた裁判で、死刑判決を言い渡されました。インドネシア人のシティ・ザイナブ・ビンティ・ヅゥーリ・ルパさんは、精神的なバランスを崩している状態で、弁護士のサポートも受けられないまま、殺人の容疑を認める自白をし、死刑判決を受けました。彼らはいま、ただちに処刑される危険があります。
サウジアラビアでは、処刑は公開の場で斬首により行われます。処刑の後で、はりつけにされる場合もあります。

◆上記の2つのアクション詳細は下記のサイトでご覧ください。
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=3904&mm=2


------------------------------------------------------------
■企業の社会的責任
------------------------------------------------------------
▼ナイジャー・デルタ : 石油企業による汚染の浄化を

ナイジャー・デルタにおける石油企業の根深い汚染は、人びとの健康上のリスクを高め、生活を害し、多くの人びとをより深刻な貧困に陥らせています。
ナイジェリア大統領に、ナイジャー・デルタの浄化に力を尽くし、石油企業への規制を設けるようEメールで要請してください。

◆上記のアクションの詳細は下記サイトでご覧ください。
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=3907&mm=2
[PR]

by books131 | 2011-07-01 12:46 | イベント転載