族とグリーフワーク:「喪失」の時代をどう生きるか

夏のエンディングセミナー2011
  遺族とグリーフワーク:「喪失」の時代をどう生きるか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

歯止めのかからない「少産多死」。
思いやりが失われる無視社会に直面して、
私たちは何に備え、何を考えるべきか。
私的体験として置き去りにされがちな「グリーフ」に、
新たなまなざしを向け、新たなつながりを再生していくために
何が必要なのか、3人のゲストとともに語り合います。


【日時】2011年7月16日(土)・23日(土)・30日(土)

 ◇7月16日(土)◇
「グリーフコミュニティのすすめ」
■開会14時(閉会16時)
■会場:應典院研修室B
■参加費:一般 1000円  寺町倶楽部会員・学生 800円
■ゲスト:尾角光美さん(Live On 代表)
■お申込み http://uemachi.cotocoto.jp/event/45986
     (6月17日(金)より受付開始)

◇7月23日(土)◇
「仏教とスピリチュアルケアをつなぐもの」
■開会14時(閉会16時)
■会場:大蓮寺客殿
■参加費:一般 1000円  寺町倶楽部会員・学生 800円
■ゲスト:大下大圓さん(飛騨千光寺住職)
■お申込み http://uemachi.cotocoto.jp/event/45988
      (6月17日(金)より受付開始)
◇7月30日(土)
「グリーフワークとしての葬送を考える」
■開会14時(閉会16時)
■会場:應典院研修室B
■参加費:一般 1000円  寺町倶楽部会員・学生 800円
■ゲスト:小谷みどりさん(第一生命経済研究所主任研究員)
■お申込み http://uemachi.cotocoto.jp/event/45989
      (6月17日(金)より受付開始)

聞き手:秋田光彦(大蓮寺・應典院住職)【各回とも】

詳細はWEBにて
http://www.outenin.com/
[PR]

by books131 | 2011-06-21 13:17 | イベント転載