神戸映画資料館じょうほう

【アルトーと映画】
6月11日(土)・12日(日)
シュルレアリスムの過激な詩人で、特異な演劇理論家でもあったアントナン・アルトー。彼が俳優として出演する『裁かるゝジャンヌ』と、同じく出演した超大作『ナポレオン』の製作秘話をつづったドキュメンタリー『ナポレオン生誕 映画革命児アベル・ガンス』を上映します。

「裁かるゝジャンヌ」
(フランス/1927/110分/サイレント)
監督:カール・テホ・ドライヤー

「ナポレオン生誕 映画革命児アベル・ガンス」
(フランス/1983/60分)
監督:ネリー・カプラン

詳細:
http://kobe-eiga.net/program/
上映時間
http://kobe-eiga.net/schedule/2011/06/


【神戸映画資料館レクチャー:映画の内/外】
第1回 文学芸術全方位トークセッション
6月11日(土)
17:00 第一部 鈴木創士×丹生谷貴志
18:00 第二部 佐藤薫(EP-4)×鈴木創士×丹生谷貴志
(終了予定19:00)

「神戸映画資料館レクチャー:映画の内/外」では、1、2ヶ月に1回程度のペースで、さまざまな講師をお招きし、幅広いテーマで講座を開いてまいります。
第1回目の今回は、鈴木創士氏の新刊『ひとりっきりの戦争機械』(5月24日刊行)と、EP-4『リ・ン・ガ・フ・ラ・ン・カ DELUXE』のリリース(5月21日発売)を記念し、奇跡的な豪華メンバーでトークセッションを行います。

ご予約受付中。残席わずかです。
(定員に達した場合、補助席や立ち見枠を設け、できるだけ多くのかたにご参加いただくようにします。予約状況はツイッターなどでお知らせしますが、メールやお電話でお問い合わせくださっても結構です。)

詳細
http://kobe-eiga.net/event/


■■■■■■■■■■
お知らせ
■■■■■■■■■■

・新規収蔵した書籍を紹介する「今月の一冊」のコーナーで、藤木秀朗編『観客へのアプローチ』(日本映画史叢書14)を取りあげました。
http://www.kobe-eiga.net/siryo/2011/06/post_14.php

・神戸映画資料館併設のカフェスペースが、6月3日(金)より、“シネマカフェ チェリー”としてリニューアルオープン。
メニューも増えました。ご来館の折には、ぜひご利用ください。
[PR]

by books131 | 2011-06-08 00:03 | イベント転載