沖縄・米軍基地の「可視化」に挑戦!

沖縄・米軍基地の「可視化」に挑戦!

書籍情報社が6月発売予定の、在沖米軍基地について豊富な写真と解説入りの新
刊本が、無料でダウンロードできます!

おすすめです!

『本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること』

矢部宏治(文)須田慎太郎(写真)前泊博盛(監修)
書籍情報社 定価1300円(税別)
http://www.shoseki-johosha.com/
6月13日発売予定です(沖縄は6月6日)。

ダウンロードはこちらから(pdf20MB)
http://xfs.jp/nFAps
紙の本はこちらから予約受付中です!
http://www.bk1.jp/product/03417592


基地と沖縄の歴史、日米安保と今の状況…基地を巡りながら沖縄の知人と語り合っ
ているかのような錯覚を覚えます。ぜひ、データだけでなく書籍もご購入くださ
い。とても充実した写真と文章となっています。

下記、出版社からのご案内です。

オールカラー352ページ。6月上旬発売。

普天間、辺野古、嘉手納、ホワイトビーチなど、沖縄本島に存在する米軍の全28
基地を完全撮影!!

�詳細な地図入り観光ガイド
�須田慎太郎による撮り下ろし写真集(オールカラー・200点)
�歴史的背景説明と読書ガイド

の3方面から、徹底解剖。

次々と明らかになる驚愕の真実。この島には、戦後日本の、そして世界の歴史の
謎を解くカギが隠されていた!!」

ダウンロードはこちらから(pdf20MB)
http://xfs.jp/nFAps
紙の本はこちらから予約受付中です!
http://www.bk1.jp/product/03417592
[PR]

by books131 | 2011-06-08 00:00 | イベント転載