神戸映画資料館じょうほう

今週の上映
■■■■■■■■■■

【エジプト映画の巨匠 ユーセフ・シャヒーン】
4月16日(土)・17日(日)

エジプト映画界のフェリーニあるいは黒澤明とも呼ばれる、ユーセフ・シャヒーン監督。その作品は音楽あり活劇あり歴史あり政治ありの豊かな映像世界で、国際的に賞賛されてきた。
『アレキサンドリアWHY?』では1942年当時国際都市であったアレキサンドリアを、『放蕩息子の帰還』では1960年代ナセル時代末期の小さな町を舞台に物語を紡ぎ、中東現代史の相貌をも浮き彫りにしている。

「アレキサンドリアWHY?」
(エジプト/1979/132分/35mm)
ベルリン国際映画祭銀熊賞・審査員特別賞

「放蕩息子の帰還」
(エジプト/1976/125分/35mm)

『放蕩息子の帰還』のミュージカル・シーンをこちらでご覧になれます。
http://wn.com/Bye_Bye-film_awdet_el_ibn_el_dal_majida_el_roumi

詳細:
http://kobe-eiga.net/program/

上映時間
http://kobe-eiga.net/schedule/2011/04/


■■■■■■■■■■
お知らせ
■■■■■■■■■■

【それなら私にもできる!京都発 被災者支援活動】
ヒマラヤ国際映画祭WEST JAPAN のトキさんからのお知らせです。
http://sorenaradekirune.seesaa.net/archives/20110410-1.html
5月14日(土)15日(日)は、被災地を応援するイベントを神戸映画資料館で開催することを計画中です。
[PR]

by books131 | 2011-04-13 11:53 | イベント転載