【検証会 「たまゆら」から2年 何が変わったのか】

検証会 「たまゆら」から2年 何が変わったのか】
(3.18 第4回支援付き住宅推進会議)

プログラム(18:00~21:00)
開会あいさつ
高橋 紘士(支援付き住宅推進会議共同代表)

第1部「たまゆらから2年 支援付き住宅推進会議の取り組みと提言」
滝脇 憲(NPO法人自立支援センターふるさとの会理事)

第2部 報道の現場から(50音順)
小山 孝氏(読売新聞編集局社会保障部記者)
佐藤 好美氏(産経新聞東京本社編集局社会保障班・編集委員)*依頼中
野沢 和弘氏(毎日新聞論説委員)
見市 紀世子氏(朝日新聞東京本社生活グループ記者)

来賓あいさつ 衆議院議員 初鹿 明博氏

第3部 これから何に取り組むべきか(推進会議からの提案)
1.生活支援扶助の提言と既存制度の活用
発題:水田 恵(支援付き住宅推進会議共同代表)
2.「支援付き住宅」実現のための課題
発題:園田 眞理子(明治大学理工学部建築学科教授)
3.「日常生活支援ニーズ」を可視化するために
発題:粟田 主一(東京都健康長寿医療センター自立促進と介護予防研究
チーム研究部長)
コーディネーター 水田 恵
閉会挨拶 山岡 義典(支援付き住宅推進会議共同代表)

主催:支援付き住宅推進会議
共催:NPO法人自立支援センターふるさとの会
平成22年度厚生労働省社会福祉推進事業
「重層的な生活課題(「四重苦」)を抱える人に対する生活支援のあり方研究会」
会場:すみだ生涯学習センター(ユートリヤ)
〒131-0032 墨田区東向島2-38-7(地図参照)
日時:3月18日(金)18 時~21 時
(受付開始17 時40分)
入場無料(どなたでも傍聴できます)

【お問い合わせ先】
NPO 法人自立支援センターふるさとの会
〒111-0031 東京都台東区千束4-39-6-4F
TEL:03-3876-8150 FAX:03-3876-7950
E-mail:info●hurusatonokai.jp 担当:滝脇・古木
[PR]

by books131 | 2011-03-05 14:09 | イベント転載