藤井光くんからのおしらせ

1. アート番組の未来/アート・ジャーナリズムを考える
2. 恵比寿映像祭/「FENCE」Groupe A.I.R Miyashita
3. アートと政治性 CAMP on TOKYO FRONTLINE
4. 第一回こまばアゴラ映画祭『映画とお金を考える』 
....................................................................................................................................

1. アート番組の未来/アート・ジャーナリズムを考える

ソーシャル・メディアが発達し、私たちそれぞれが受け手であり送り手で
もあるような状況のなかで、アートにまつわる諸問題を共有し、前提とす
ることができるような情報を伝達する枠組み=プラットフォームとはいか
なるものか。
今回のラウンドテーブルでは、さまざまな立場でアートに関わっている方
々をゲストに招き、現状のアート・ジャーナリズムやメディアの問題、そ
の未来(展望)について広く話し合います。

【日時】2011年2月18日(金)20:00~23:00 ※受付開始は19:30
【会場】Vacant(東京都渋谷区神宮前3-20-13)
【定員】100人(予約不要/先着順)
【参加費】500円
【協賛】Night Fantasista 2011

<ゲスト>
岡澤 浩太郎(編集者)
奥村 昂子(アーティスト)
影山 裕樹(編集者)
冠 那菜奈(なないろチャンネル)
毛原 大樹(ラジオアーティスト)
桜井 薫(テンプル大学ジャパンキャンパンス教員/アーティスト)
佐々 瞬(アーティスト)
作本 潤哉(ディレクター)
椎木 静寧(アーティスト)
杉田 敦(美術批評)
杉山 豪介(コーディネーター/アーカスプロジェクト)
竹久 侑(水戸芸術館現代美術センター 学芸員)
中山 真由美(ギャラリスト)
成相 肇(府中市美術館 学芸員)
及位 友美(フェスティバル/トーキョー 制作)
堀内 奈穂子(キュレーター/AIT[Arts Initiative Tokyo])
松井 茂(詩人)

<企画者>
粟田 大輔(美術批評)
井上 文雄(CAMP)
小泉 明朗(アーティスト/ARTISTS' GUILD共同代表)
作田 知樹(Arts and Law共同ディレクター)
清水 チナツ(企画・制作)
須田 真実(ARTISTS' GUILD共同代表)
樋口 貞幸(アートアドミニストレーター)
藤井 光(アーティスト)
水田 紗弥子(インディペンデント・キュレーター)
森 弘治(アーティスト/ARTISTS' GUILD共同代表)

Ustreamの配信予定あり
http://bit.ly/eG469X



2.  恵比寿映像祭/「FENCE」Groupe A.I.R Miyashita

宮下公園封鎖後に撮影されたGroupe A.I.R Miyashitaによる、芸術と呼ぶ
必要も呼ばれる必要もない映像が恵比寿映像祭で上映されます。

【日時】2011年2月19日(土)25日(金)16:00~18:00
【会場】東京都写真美術館

http://www.yebizo.com/#pg_screen6
....................................................................................................................................

3.「アートと政治性」CAMP on TOKYO FRONTLINE

政治欄に載っているのが政治で文化欄に載っているのが文化ではない。政
治に言及したアートではなく、アートの中の政治、あるいは政治の中のア
ートについて話し合い、今、政治的なことなことについて考えます。

【日時】2011年2月19日(土)11:30~16:00 ※受付開始は11:00
【会場】3331 Arts Chiyoda(アクセス)
【定員】30人(予約制)参加費:500円
【詳細】http://ca-mp.blogspot.com/2011/02/110219.html

<スピーカー>
沢山遼(美術批評)
成相肇(府中市美術館学芸員)
藤井光(アーティスト)
星野太(美学/表象文化論)
増本泰斗(アーティスト)
森田浩彰(アーティスト)

<タイムテーブル>
11:30-12:30 ランチ・ミーティング
12:30-13:00 休憩
13:00-14:20 トーク
14:20-14:40 休憩
14:40-16:00 トーク

※「ランチ・ミーティング」では、13時からのトークの準備的なことを、
ご飯を食べながら気軽に話し合う予定です。
※参加費以外にTOKYO FRONTLINEの入場料(1日パス:500円/全日程
パス(4日間):1,800円)が必要になります。

....................................................................................................................................

4. 第一回こまばアゴラ映画祭/座談会『映画とお金を考える』

映画を作るのにはお金が掛かる。お金がないから僕たちは工夫する。だけ
ど、ひとりひとりの努力だけではもうどうしようもないぐらい、日本映画
は疲弊しているのではないか。瀬戸際に立つ今にこそみんなで考える、映
画とお金と未来についての座談会。

【日時】2月28日(月) 18:30~21:00
【会場】こまばアゴラ劇場
【詳細】http://www.agora-summit.com/2010w/lineup/film.html

<ゲスト>
入江悠(映画監督)
七里圭(映画監督)
田中誠一(配給・宣伝)
平澤竹識(「映画芸術」編集部)
藤井光(美術家・映像ディレクター)
本広克行(映画監督)、他

企画制作:青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
[PR]

by books131 | 2011-02-18 12:50 | イベント転載