シンポジウム 貧困ビジネス被害からの救済を!

シンポジウム 貧困ビジネス被害からの救済を!
~公的責任の追及と消費者保護規定の活用~

社会福祉事業に対する社会福祉法の規制が形骸化し、生活困窮者を
ターゲットにした貧困ビジネスが広がりました。被害救済のために、社会福
祉法が本来予定している規制を機能させる取り組みが必要です。

他方、近年、消費者保護の法制度が整備されています。貧困ビジネスの
被害者を福祉サービスの消費者という視点から捉え直したとき、今こそ、
消費者保護の規定を活用した被害救済が求められています。

そこで、全国各地で被害救済の取り組みを広げるために、貧困ビジネス
被害の実態や最前線の闘いを確認しながら、社会福祉と消費者保護の
それぞれの視点から、公的責任の追及や消費者保護規定の活用を通じ
た被害救済の手段を共有します。

日 時 2011年2月20日(日)
13時30分~17時00分(13時開場)

場 所 上智大学中央図書館L-821
千代田区紀尾井町7-1
(四ッ谷駅麹町口・赤坂口から徒歩5分)

資料代 弁護士・司法書士 1,000円
その他の方     無   料

内 容
○当事者発言

○無料低額宿泊所等入所者に対する聞き取り調査の報告
山田壮志郎氏(日本福祉大学准教授)

○講演1「社会福祉法の歴史と無低問題」
阪田健夫弁護士(日弁連貧困問題対策本部委員)

○講演2「貧困ビジネスといかに闘うか」
木村達也弁護士(日弁連貧困問題対策本部本部長代行)

○各地の実践報告など(予定)
千葉の裁判報告(千葉 常岡久寿雄弁護士)
岡崎の裁判報告(愛知 森弘典弁護士)
特商法のクーリングオフ活用(東京 後閑一博司法書士)
運営適正化委員会の苦情申立て(ほっとポット 藤田孝典氏)
追い出し屋被害(東京 戸舘圭之弁護士)
保証代行被害(クレサラ被連協 本多良男氏) など

主 催 貧困ビジネス対策全国連絡会
共 催 上智大学グローバル・コンサーン研究所
[PR]

by books131 | 2011-01-25 16:16 | イベント転載