アウトリーチとインリーチ~いのちの現場に向かうアートの可能性~

■奈良セッション
アウトリーチとインリーチ~いのちの現場に向かうアートの可能性~

医療や福祉などのケアの現場や地域コミュニティにアーティストを派遣する
アウトリーチ活動がさかんになっています。これらの活動は芸術文化の新し
い可能性を示すものとして、また公共文化施設の新しい役割として注目され
ています。
しかし、派遣されたケアの現場や地域コミュニティでそれらの活動が実際ど
のように受け入れられているのか、またどのような質のプログラムが行われ
ているのか、その検証は十分ではないのではないでしょうか。一方、公共文
化施設において、多様な人を招きいれるためにもインリーチを充実させてい
くことも必要です。
本セミナーでは、ケアの現場や地域コミュニティにおいて、また公共文化施
設においてどのようにアートの循環をつくっていくことができるか、そして
そこから公共圏のなかのアートの可能性について考えたいと思います。

日時:2月19日(土)~20日(日)
会場:たんぽぽの家アートセンターHANA
主催:財団法人たんぽぽの家
協力:アートミーツケア学会 エイブル・アート・ジャパン
平成22年度文化庁芸術団体人材育成支援事業

※詳しくはこちらのページへ
http://popo.or.jp/info/2011/02/post-33.html
[PR]

by books131 | 2010-12-27 13:28 | イベント転載