「日本型アートプロジェクトの歴史と現在 1990-2010」


Tokyo Art Research Lab 熊倉純子ゼミ公開講座
「日本型アートプロジェクトの歴史と現在 1990-2010」

第6回 格差社会とアートプロジェクト
― 表現活動は、社会問題にどのように絡んでゆくことが可能なのか。―

--------------------------------------------------------------------

日本各地でさまざまな形で開催され進化してきたアートプロジェクトの変遷
を概観し、いくつかの方向性を抽出しつつそれぞれの目的や開催形態、社会
との相互作用について分析を試みるこの講座。毎回複数のプロジェクトから
主催者をゲストに招き、ディスカッション形式で沿革を伺いながら重要な
ポイントを掘り下げて、比較分析を行っています。

第6回は大阪の西成と横浜の寿町という、特殊なエリアを舞台としたアート
プロジェクトを取り上げます。

ゲスト:雨森信(Breaker Project)、河本一満(KOTOBUKIクリエイティブ
アクション)
コーディネーター:熊倉純子(東京芸術大学音楽学部音楽環境創造科 教授)

詳細、申込はこちらから
http://www.bh-project.jp/artpoint/app/open01-01.html

[日時] 2010年12月3日(金)14:00~16:00
[会場] Tokyo Artpoint Project Room
(東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 3F)
[定員] 40名程度
[受講料] 無料
※事前申込制
※定員に達した場合はお断りする場合がございます。

主催:東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化
財団)、アートプロジェクト研究会

====================================================================

Tokyo Art Reseach Lab「世界の現場から Talk & Cast」
Vol.6 大巻伸嗣 in シンガポール

--------------------------------------------------------------------

アーティストやアートマネージャーをゲストに招き、海外でのさまざまな
アートプロジェクトの現場体験を紹介。世界の様々な社会状況やアートプロ
ジェクトの最新事例を知るプログラムです。トークの様子は音声にて公開
収録、インターネット上でポッドキャスト配信するシリーズ。

第6回に大巻伸嗣氏を招き、公開収録を行います!

大巻伸嗣は、ホワイトキューブから公共空間まで、多様な場において繊細
かつ大胆なインスタレーション作品を制作しているアーティストです。

今回は、9月にシンガポールの美術大学にて10日間のワークショップやセミ
ナーからプロジェクトを立ち上げた「TOROPICAL LAB 4」における体験や
「アジアパシフィック・トリエンナーレ2009」における子ども向けプログ
ラム「KidsAPT」、「瀬戸内国際芸術祭」における作品など近年の活動に
ついてうかがいます。

詳細はこちらから
http://www.bh-project.jp/artpoint/app/talkcast06-01.html

[日時] 2010年12月6日(月) 18:45開場 19:00~21:00
[会場] Tokyo Artpoint Project Room 302
(東京都千代田区外神田6-11-14 [3331Arts Chiyoda 3F])
[参加費] 無料 ※申し込み不要(先着40名)
[ゲスト] 大巻 伸嗣(アーティスト)
[ホスト] 森 司(東京アートポイント計画 ディレクター)

主催:東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化
財団)
[PR]

by books131 | 2010-11-29 21:58 | イベント転載