西区の2児放置死事件のシンポジウム 準備

今年6月、大阪市西区で23才の母親がこども2人を部屋に放置し、死亡させた
とされる事件がありました。
この事件について、大阪の「生活保護切り下げ反対実」でシンポジウムを企画し、
反貧困ネットワーク大阪実行委員会が共催することになりました。

1月30日(日)午後、場所未定。

この事件は非常にショッキングなものでしたが、事件の内容を問い直す集りが
(西区で小規模な形で行なわれた以外)行なわれておらず、「事件の意味を考え
るため話し合う場を持とう」ということで発案されました。
・こどもの虐待
・女性の貧困
・シングルマザーが負わされている課題
・社会的孤立
・風俗産業や保育の問題
などについて、5人のシンポジストを招いて話し合う予定です。

このシンポジウムのための会議が進行しています。
次回は、
12月8日 7時~ 大阪弁護士会館
http://www.osakaben.or.jp/web/02_access/index.php
12月15日 7時~ 女性のための街かど相談室「ここ・からサロン」
http://homepage3.nifty.com/s-kokokara/hp/1f.html

会議に参加できるという方、反貧困ネットワーク大阪実行委員会に連絡してみては
[PR]

by books131 | 2010-11-19 22:37 | イベント転載