神戸大で 「釜ヶ崎から宇宙へ、宇宙から釜ヶ崎へ」

プログラム
-----------------------------------------------
13:00 開会のご挨拶、諸連絡


13:15 一般発表(発表10分+質疑3分)

「4年生の天文学習」小高大輔(大阪市立丸山小学校)

「個に応じた模型疑似体験よる月の満ち欠けの学習指導法」西村一洋(枚方市立樟葉西小
学校)

「「黒点の発生を捉えた」2010洛東高校花山天文台実習」西村昌能、岡和田健文(洛東高
校)、黒河宏企、石井貴子(花山天文台)

「世界天文年に関連してエジプトの理科の先生(計300人)を集めてコルキットスピカ
の工作教室をカイロとルクソールでやってきました報告」花岡靖治(オルビイス㈱)

「「天文ソフトの活用」の活用」作花一志(京都情報大学院大学)


14:20 休憩


14:30 テーマ発表(発表10分+質疑3分)

「京都における星のソムリエ実践活動事例」和田浩一(星のソムリエ京都)

「神戸・明石に暮らす人びとにとってのカノープス」北尾浩一(財団法人大阪科学振興協
会中之島科学研究所)

「星空ボランティア『黄華堂』の近況」有本淳一(京都市立塔南高校)

「京大病院小児科病棟での天体観望会の報告」田崎文得(京都大学宇宙物理学教室/黄華堂


「惑星科学を育てる広報活動について」山田耕(神戸大学惑星科学研究センター)

「神戸大学サイエンスショップ天文ボランティア「アストロノミア」の活動紹介」大善雄
(神戸大学大学院人間発達環境学研究科人間環境学専攻)


15:50 休憩


16:10 セッション「釜ヶ崎から宇宙へ、宇宙から釜ヶ崎へ」(各10分程度のお話と質疑応答


話者:上田假奈代 (NPO法人「こえとことばとこころの部屋」)
尾久土正己 (和歌山大学) * スカイプ参加
富田晃彦 (和歌山大学) * スカイプ参加


17:00 閉会


※18:00から懇親会を予定しております。場所や金額は未定ですが、ぜひご参加ください。
※当日はマイカップをご持参ください。ゴミ軽減のためにご協力お願いします。
※お茶菓子代としてお1人500円のカンパを頂けると助かります。学生は無料です。
[PR]

by books131 | 2010-11-19 22:34