大阪の貧困を見つめる連続学習会第13回

大阪の貧困を見つめる連続学習会第13回
「ケアワーカーの貧困」

近年、非正規労働や生活保護などの問題が取り上げられるようになり、「貧困」という言葉も、聞き
慣れないものではなくなってきました。しかし、その範囲はとても広く、どこでどんな問題が生じて
いるのか、全体像はなかなか見えないのではないでしょうか。
しかし、大阪には、現場に密着した取り組みをしている、歴史と地力のある団体がたくさんありま
す。さまざまな現場からの生の報告を支援者・当事者の方からしていただき、大阪の「貧困の実相」を横断的に知ろうというのが、この学習会のネライです。これまでは、しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西(女性と貧困)、耳原病院(医療と貧困)、野宿者ネットワーク(ホームレス問題、貧困ビジネス)、派遣ネットワーク・関西(外国人労働者問題)、借地借家人組合(公営住宅問題)、現役高校教師(子どもの貧困)、精神保健福祉士(貧困に潜む依存症)、大阪いちょうの会(多重債務問題)、弁護士(追い出し屋、囲い屋問題)、NGO(在日外国人の貧困)生活と健康を守る会(高齢者の貧困)の方々に講師をしていただきました。
今回は、ケアワーカー(介護労働者)の置かれている実態について、現場の方からお話いただきま
す。興味深いお話しがお聞きできると思います。
ぜひ多くの方のご参加をお待ちしております(事前申込みは不要です。但し先着50名)。

日時:11月12日(月)18時30分~ 

会場:いきいきエイジングセンター
第2・3研修室

講師:安全な労働と所得保障を求める女性介護労働者の会 

吉 岡 多 佳 子 さん


問い合わせ先:大阪いちょうの会(電話 06-6361-0546)
[PR]

by books131 | 2010-11-11 14:52 | イベント転載