茨木大学水戸校舎で開催される日本平和学会

11月7日に茨木大学水戸校舎で開催される日本平和学会の2つの部会


11月7日(日)
午前の部 9:30~12:00 

●自由論題部会
報告:古内洋平 (一橋大学)
「被害者におけるトランスナショナル化とプライベート化―アパルトヘイト被害者運
動を事例に―」

報告:竹峰誠一郎(三重大学)
「『視えない』核被害:可視化するアプローチを求めて」

報告:島崎裕子(早稲田大学)
「日本における人身取引被害者の多様化―支援状況と取り組みへの課題―」

討論:長有紀枝(立教大学)
ロニー・アレキサンダー(神戸大学)

司会:土佐弘之(神戸大学)



11月7日 14:40~17:10 

●部会IV 「人民の自己決定権と沖縄―自治・独立・平和の実現を目指して」

(企画担当:「琉球・沖縄・島嶼国及び地域の平和」分科会)


司会:竹尾茂樹(明治学院大学国際平和研究所)

コメンテイター:金子マーチン(日本女子大学、反差別国際運動事務局)

報告者
*「国連における脱植民地化プロセスと日本における「沖縄」の地位」
上村英明(恵泉女学園大学・市民外交センター)

*「人民の自己決定権~スコットランドと沖縄~」
島袋純(琉球大学)

*「人民の自己決定権と沖縄の脱植民地化」
松島泰勝(龍谷大学・ゆいまーる琉球の自治)

*佐藤幸男(富山大学)
[PR]

by books131 | 2010-10-19 20:33 | イベント転載