「おおさかを、だれもが働ける、セーフティネットのまちに」シンポジウム

「おおさかを、だれもが働ける、セーフティネットのまちに」シンポジウム

[目的] 
1、障がい者・若者・ホームレスなど、「社会的困窮者」への就労支援を、パーソナル・サポートで、地域に根差して地道におこなってきた大阪の取
り組みを、横につないでいくステップにするとともに、行政の長や国政レベルに知ってもらう。

2、たとえ一般就労にすぐにつながることができない状態であっても、「誰もがそれぞれの状態に応じて働ける場」で包摂され、それがセーフティ
ネットになるまちづくりを目指す。
3、「働くことをささえる」パーソナル・サポートを、制度にしていくためのヒントを見つける。

[主催]大阪希望館運営協議会
[日時]2010年11月28日(日) 午後1時~5時
[場所]ヴィアーレ大阪 大阪市中央区安土町3-1-3  
(地下鉄御堂筋線「本町」駅北東へ徒歩3分・地下鉄堺筋線「堺筋本町駅」北西へ徒歩5分)
1部 大阪でのワークサポートの取り組み(60分)
・知的障がい者への就労支援の現場から(エルチャレンジ)
・ひきこもり・ニート支援の現場から(ニュースタート関西) 
・すまいと仕事をなくした人への就労支援の現場から(大阪希望館) 
・福祉の援護を要する若者ホームレス支援の現場から(釜ヶ崎支援機構)  

2部 シンポジウム
問題提起
・若者支援の現状とパーソナル・サポートの課題(宮本みち子放送大学教授)

ディスカッション「働くことをどうささえるか」

【宮本みち子・放送大学教授】 現在、内閣府パーソナル・サポート・サービス検討委員会委員。
[PR]

by books131 | 2010-10-09 22:58 | イベント転載