AAF学校〈アーティストの労働と権利を考える〉

AAF学校〈アーティストの労働と権利を考える〉

2003年アヴィニヨン・フェスティバル(仏)がストライキで中止されたこ
とは記憶に新しい。このとき大きな争点となったのは、アンテルミタン―
自営でもなく、有期/無期の給与所得者でもない、断続的intermittentに雇
用される労働者―に関する制度の変更だった。その多くがアンテルミタン
である 舞台芸術に携わる芸術労働者(アーティストや技術者など)がその
制度変更に反対し、ストライキやテレビの生放送をジャックするといった
大規模な労働運動を 巻き起こしたのである。この運動を期にパリでは、従
来の労働組合とは異なる形で、個人の権利意識や自らを守る智恵やスキル
を共有するための芸術労働者の連帯が生まれ、活動拠点「CIP」も創設さ
れた。
今回のAAF学校では、旧来の雇用形態にとらわれない多様化する働き方や
ライフスタイルを選択した芸術労働者たち(アーティストやアートプロデ
ューサー、 アートNPO、技術者など)が、個人の権利意識を自覚し、自
らを守るスキルを共有するための方法、また組合にとどまらない連帯や運
動の可能性などについて 考察する。

対談:吉澤弥生 × 藤井光 

【日時】2010年9月13日(月) 18:30~20:30
【場所】アサヒ・アートスクエア
【参加費】2000円(学割:1500円)
【申し込み】氏名・連絡先(e-mail/電話)を明記の上aafs@arts-npo.orgまで
【主催】アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会
【詳細】http://arts-npo.org/aafschool2010.html

吉澤弥生(よしざわ やよい)
大阪大学大学院GCOE特任研究員/NPO法人地域文化に関する情報とプロジ
ェクト[recip]代表理事、1972年生まれ。
[PR]

by books131 | 2010-09-06 12:54 | イベント転載