鳥の演劇祭3

鳥の演劇祭3
http://www.birdtheatre.org/engekisai/index.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現代を生きる私たちは、人の力だけでできることは限られていて、一人では何も
できない、社会は完璧に出来上がっている、巨大すぎる、なんて考えがちです。
そのような無力感にとらわれるのもよくわかりますが、そればかりでは悲しすぎ
ます。
人が人の力だけですることのすばらしさ、すごさを確認できる場をつくれたらと
いう願いのもと、多くのご理解とご支援をいただいて、鳥の演劇祭をはじめまし
た。三回目の今回のテーマは、「ひとにさわる まちにさわる えんげきにさわ
る」。
演劇は人の体の大きさ、限られたエネルギーを基点に、想像力の助けをかりなが
ら、人の大きさをはるかにこえたものを見せてくれます。
人力だけでものすごいことをする営みの古くからの代表選手です。
今回の鳥の演劇祭では、19本の舞台作品の上演を行います。
スイス、韓国、インドネシアの舞台作品、日本からは鈴木忠志さんのSCOT、
岡田利規さんのチェルフィッチュの作品も招いて、9月の4週末を中心にいろいろ
な作品をご覧いただきます。日本全国の舞台作品を連続してみてもらえる「ショ
ーケース」には10を越える団体が来てくれます。
演劇の他にも人間のすばらしさを感じさせてくれる出会いをたくさん用意してい
ます。
鳥取の自然や文化、伝統、そして人の魅力を味わってもらえる「とっとり体験」
を6つ用意しました。地域の未来について考えるシンポジウムや子どものための
ワークショップ、町全体を会場にして物語に出会う「おはなしラリー」もありま
す。鳥取のいいものを紹介する「セレクトショップ」は初挑戦です。
舞台作品の魅力を軸に、楽しいいろんなことを組み合わせて、他のどこにもない
演劇祭を目指します。ご家族で、カップルで、おひとりで、鳥取の鹿野町に是非
お越しください。からだまるごと、一日まるごと遊んでいただけます。
鳥の演劇祭プログラムディレクター 中島諒人
────────────────────────────────────
会  期:2010年9月3日(金)~9月26日(日)
主会場 :鳥の劇場(鳥取県鳥取市鹿野町鹿野1812-1)
内  容:・演劇上演
・シンポジウム・トーク・レクチャー
・とっとり体験プログラム
・子どものためのワークショップ
・さよならにぎやかパレード
・鹿野町中おはなしラリー
上演作品:世界から優れた舞台表現に集まってもらいます。
さまざまな“からだ”、“言葉”、“動き”、“集中”をお楽しみく
ださい。「人間はすごい!」「すごく変!」「おもしろい!」と感じ
てもらえる作品ぞろいです。
鳥の劇場(日本・鳥取) 『母アンナの子連れ従軍記』
ケチャッ・リノ・ダンス(インドネシア)
『リノのケチャッと100人の子どもたち』
SCOT(日本・富山) 『お國と五平 -別冊 谷崎潤一郎』
チェルフィッチュ(日本・神奈川) 『三月の5日間』
とりっとダンス(日本・鳥取)
カンパニー・ジル・ジョバン(スイス) 『Black Swan』
鳥の劇場(日本・鳥取)『およそ七〇年前、鳥取でも戦争があった。
戦争を知らないわたしは、その記憶をわたしの血肉にできるだろうか。』
劇団ティダ(韓国) 『ハルッの物語』

演劇祭の紹介はこちら↓↓↓から。
http://www.birdtheatre.org/engekisai/index.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
主  催:鳥の劇場運営委員会
共  催:鳥取県、鳥取市、特定非営利活動法人鳥の劇場
[PR]

by books131 | 2010-09-04 14:25 | イベント転載