湯浅誠さんからのおしらせ

■1(東京)【申し込み制です】
2010年9月8日(水)14:00~16:30(開場13:30)@東京大学駒場?キャンパス18号館ホール
緊急特別企画ミレニアム開発目標国連首脳会合に向けて
< シンポジウム >ミレニアム開発目標(MDGs)と報道を考える

■2(宮城)
2010年9月12日(日)13:00~@仙台弁護士会館
『非正規全国会議in仙台貧困・ワーキングプアをなくそう!
差別をなくし均等待遇の実現をめざす市民集会』

■3(神奈川)
2010年9月18日(土)13:30~15:30@横浜弁護士会館 5会大会議室
横浜弁護士会主催 日弁連第53回人権擁護大会 第1分科会 プレシンポジウム
「子どもたちの貧困とこの国の未来」

■4(大阪)
2010年10月21日(木)18:30~21:00@エルおおさか南館5階ホール
働き方ネット大阪 第13回つどい アメリカの社会改革と労働団体の役割




□1(東京)
2010年9月11日(土)~9月16日(木)*9月12日を除く(詳細下記)@アップリンク・ファクトリー
ビッグイシューウィーク IN TOKYO 貧困を超えよう!「希望映画祭」
「世界に広がる社会的企業・ビッグイシュー展」 同時開催!

□2(愛知)
2010年9月19日(日)13:30~16:30(開場13:15)@中部大学名古屋キャンパス(三浦記念会館)6階大ホール
笹島診療所・市民フォーラム2010 精神科医からみたホームレス問題

□3(東京)
2010年9月19日(日)12:30開場 13:00開始(16:00時終了予定)@築地本願寺第二伝道会館「蓮華殿」
どっちが深刻?世界の貧困、日本の貧困 =「犠牲の累進性」を超えて=

□4(全国)
2010年9月21日(火)20:00~21:00@視聴アドレス下記掲載
●みんなでつくる レイバーネットTV●
~働くもののメディア~ 第3号放送予定!

□5(東京)
2010年9月22日(水)18:30~21:00@東京都労働相談情報センター大崎事務所(南部労政会館)
連続講座<女性の貧困を解消するために必要なこと>
第一夜 年金・税制度がもたらす女性の貧困

□6(愛知)
2010年9月23日(木・秋分の日)13:00~16:30(12:30開場)@中区役所ホール
日弁連人権擁護大会プレ・シンポジウム
愛知県弁護士会 「加速する『子どもの貧困』―子どもの幸せのために社会ができること―」

□7(愛知)
2010年9月26日(日)総会11:30~12:00 集会13:30~17:00(13:00開場)@岡崎市民会館2階集合室1号室
生活保護問題対策全国会議総会・設立3周年記念集会
「貧困ビジネス」を考える岡崎集会 ~貧困ビジネスを生み出さない生活保護行政とは?~

□8(京都)
2010年10月2日(土)・3日(日)時間詳細下記@キャンパスプラザ京都
全国生活保護裁判連絡会の総会、交流会のご案内


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■1

緊┃急┃特┃別┃企┃画┃ミレニアム開発目標国連首脳会合に向けて
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
< シンポジウム >

ミレニアム開発目標(MDGs)と報道を考える

[9月8日(水)・東京]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2015年までに世界の貧困を半減することを目指す「ミレニアム開発
目標」(MDGs)は、目標達成期限まであと5年を残すばかりとなり、
この9月下旬には国連でMDGsの達成状況レビューのための首脳会合
(MDGs国連首脳会合)が開催されます。

この会合は、飢餓の解消、基礎保健・基礎教育の普及、男女平等の
促進など、世界の貧困解消・開発課題について、今世紀の幕開けに
世界の首脳が合意した目標を国際社会が達成できるのかどうか、
決定的なターニングポイントです。

しかし、国内では、MDGs国連首脳会合はおろか、MDGs自体への関心も
低いままです。世界に目を転じると、マスメディアが、貧困の背景や
構造要因を掘り下げ、政府のみならずNGOなど多様なステークホルダーの
見解を伝えて、世論を喚起し、政策を変えるきっかけともなっています。

内向きと評される今日の日本の政治・社会状況において、一方で国内の
貧困問題がクローズアップされる中、我が国では、世界の貧困の解消、
途上国の開発をめぐって、マスメディアには何ができるのでしょうか。
また、オルタナティブメディアやソーシャルメディアはどのような
可能性を持っているのでしょうか。

報道の第一線で貧困・開発問題を先駆的に報じてきた報道関係者の方々、
そして、海外国内双方のメディア・リレーションの経験豊富なNGOの
広報担当者をパネリストに迎え、考えます。

―――――――――――――――――――――――――――――――
【企画概要】
―――――――――――――――――――――――――――――――
【日時】2010年9月8日(水)14:00~16:30(開場13:30)
【会場】東京大学駒場?キャンパス18号館ホール
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_17_j.html
(京王井の頭線駒場東大前駅徒歩約5分)

【参加費】無料

◎登壇者
・日本放送協会(NHK) 解説委員 道傅愛子様
・共同通信社 科学部編集委員 井田徹治様
・ジャーナリスト 志葉玲様
・特定非営利活動法人世界の医療団 広報担当 熊野優様
・有名報道番組ディレクター(交渉中)

【主催】動く→動かす

―――――――――――――――――――――――――――――――
【お申し込み】
―――――――――――――――――――――――――――――――
【お申し込みフォーム】※推奨
以下のフォームにアクセスし、必要事項をご記入ください。
http://bit.ly/Ugoku100908

【E-MAIL】
タイトルに「9/8シンポジウム申し込み」、本文に「お名前」「ご所属」
「E-MAILアドレス」を記入し、office@ugokuugokasu.jp
(担当:稲場・笠原)までご連絡ください

―――――――――――――――――――――――――――――――
【お問い合わせ】
―――――――――――――――――――――――――――――――
動く→動かす(担当:稲場・笠原)
TEL:03-3834-6902 E-MAIL:office@ugokuugokasu.jp
URL:http://www.ugokuugokasu.jp/
--------------------------------------------------------------
「動く→動かす」は日本の国際協力NGO59団体でつくる、世界の貧困の
解消のためのキャンペーンと政策提言を行うネットワークです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2

『非正規全国会議in仙台貧困・ワーキングプアをなくそう!
差別をなくし均等待遇の実現をめざす市民集会』

【日時】9月12日(日)13:00~
【場所】仙台弁護士会館
【参加費・申込等】参加費無料・参加自由

非正規労働者の権利実現全国会議東北集会のご案内
わが国では同じ仕事をしていても雇用形態の違いによって賃金や労
働条件では大きな
差別がありますし、社会保険や雇用保険などの社会保障制度においても非正規労働者
は不利な立場におかれています。
このような雇用形態の違いによる待遇差別を解消しない限り、正規雇用から非正規
雇用への代替にブレーキをかけることはできないのではないでしょうか。
格差と貧困を打開する鍵となる均等待遇を実現するためにはどうすればよいのか。
ご一緒に考えてみませんか?

*開会挨拶 (仙台弁護士会会長)
*第1部 基調講演 (13:10~14:00)
「非正規労働者の権利実現に向けて」
講師:脇田滋(龍谷大学)
*第2部 現場からの報告(14:00~14:50)
・日弁連デンマーク調査団より
・事件当事者からの報告
均等待遇を求めているケース
正社員で職場復帰したケース などなど
*第3部 シンポジウム(15:00~16:20)
「実現しよう均等待遇!」
パネリスト
伊藤博義(元・宮城教育大学学長)
脇田滋(龍谷大学)
今野久子(東京弁護士会)
鶴見聡志(仙台弁護士会)
コーディネート
中村和雄(京都弁護士会)
三浦直子(東京弁護士会)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■3

横浜弁護士会主催 日弁連第53回人権擁護大会 第1分科会 プレシンポジウムのお知らせです

「子どもたちの貧困とこの国の未来」
講師:山野 良一 氏
(元児童福祉士、「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワーク共同代表」
(著書 「こどもの最貧国・日本 学力・心力・社会に及ぶ諸影響 光文社新書 等)

【日時】9月18日(土)午後1時半~3時半(開場は午後1時です)
【場所】横浜弁護士会館 5会大会議室
JR 根岸線 関内駅 南口
横浜市営地下鉄関内駅 1番出口 徒歩10分
みなとみらい駅 日本大通り駅 1番出口 徒歩 1分
横浜の地方裁判所と、検察庁に挟まれた建物です。
はす向かいには開港記念会館があります。

【参加費・申込等】無料!予約不要!です。是非、お出かけください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■4

働き方ネット大阪 第13回つどい
アメリカの社会改革と労働団体の役割

アメリカは一昨年の秋以降、100年に1度といわれる経済危機に陥り、今年に入っても失業率
は10%近くで高止まりしています。失業期間が長期化し、増えている雇用は、パートか派遣
・個人請負などの非正規労働者と言われています。

それでいてまともな雇用政策がなく、労働者は無保護で無権利な状態に置かれています。労
働組合が比較的強い公務の領域でさえ、財政圧力による人員削減や賃金切り下げの攻撃にさ
らされています。

今回のつどいでは、関西大学で開催される経済理論学会全国大会のゲスト講演者として来日
される、アメリカの労働研究の第一人者、ジェームズ・ハインツ氏をお迎えして、アメリカ
の労働事情について語っていただきます。

ハインツ氏は、いまどのような雇用政策が求められているかを中心に講演し、労働組合と労
働団体の役割やリビングウエイジ(生活賃金)運動の実践例にも触れられると聞いています。
会場の質問時間も取ります。

日本にあまり知られていないアメリカの社会改革と労働団体の役割について学ぶ貴重な機会で
す。ぜひご参加ください。

【日時】2010年10月21日(木)午後6時半~9時
【会場】エルおおさか南館5階ホール
京阪・地下鉄谷町線「天満橋」駅より西へ300m、「北浜」駅より東へ500m
【参加費】500円 (資料代)

【講演】ジェームズ・ハインツ氏
マサチューセッツ大学政治経済研究所准教授
演題:まともな雇用政策なきアメリカの労働事情
―経済危機、非正規雇用と労働団体の取り組み―
通訳:藤岡 惇 氏 (立命館大学教授)
司会:スコット・ノース氏 (大阪大学教授)

【連絡先】民主法律協会(TEL06-6361-8624)
働き方ネット大阪URL http://hatarakikata.net/
[PR]

by books131 | 2010-09-04 14:23 | イベント転載