湯浅誠さんからのおしらせ

■1(大阪)
2010年9月2日(木)18:00~20:00@エルおおさか6階大会議室
大阪府「貸金特区」構想に反対する市民集会開催&~大阪ヤミ金特区反対署名を!~

■2(東京)
2010年9月11日(土)~9月16日(木)*9月12日を除く(詳細下記)@アップリンク・ファクトリー
ビッグイシューウィーク IN TOKYO 貧困を超えよう!「希望映画祭」
「世界に広がる社会的企業・ビッグイシュー展」 同時開催!

■3(全国)
2010年9月21日(火)20:00~21:00@視聴アドレス下記掲載
●みんなでつくる レイバーネットTV●
~働くもののメディア~ 第3号放送予定!




■1

大阪府「貸金特区」構想に反対する市民集会開催

【日時】平成22年9月2日(木) 午後6時~8時
【会場】エルおおさか6階大会議室 (大阪市中央区北浜東3-14)
《会場へのアクセス》地下鉄谷町線・京阪電鉄「天満橋」駅から西300m
地下鉄谷町線・京阪電鉄「北浜」駅から東500m
【参加費】無料
【お問い合わせ】大阪クレジット・サラ金被害者の会(大阪いちょうの会)
電話 06-6361-0546

【プログラム】
○ 開会挨拶 (大阪弁護士会・いちょうの会)
○ 基調報告 「大阪府《金融特区》構想の内容と問題点」(弁護士会)
○ 体験報告 (いちょうの会)
1 専業主婦
2 自営業者(システム金融被害者)
○ 活動報告と決意表明
1 大阪いちょうの会
2 大阪労福協
3 大阪司法書士会
(他、会場発言)
○ 集会宣言
○ 閉会挨拶 (大阪司法書士会)
【共催】大阪弁護士会 : 大阪司法書士会 : 大阪労働者福祉協議会 :大阪クレジット
・サラ金被害者の会

6月18日、多重債務者の発生を抑制する改正貸金業法が完全施行されました。
しかし1ヶ月もたたぬ7月6日、大阪府は認証貸金業制度を創設し、1年以内の短期貸付及び20
万円以内の少額貸付の上限金利を年29・2%に、また年収の3分の1を超える貸付を禁止した貸金
業法の総量規制についても50万円以下の少額貸付等について例外を設ける「小規模金融特区」(貸
金特区)構想なるものを発表、内閣府に特区の提案を行いました。

本特区構想は、2005年に宮城県貸金業協会が特区申請し却下されたものを、今度は大阪府=
「行政」が申請したものです。また、改正貸金業法施工後すぐの申請ということからも悪意にみちた
ものです。

本来、行政は国の多重債務問題改善プログラムに沿って相談窓口の充実、セーフティネット貸付の
充実を図る責務があります。しかし、今回の大阪府の「貸金特区」構想は、かかる行政としての責務
を放棄し、セーフティネットを高利貸金業者に丸投げせんとするものです。

私たちは多重債務者の発生を抑制するとの改正貸金業法の趣旨に反し、新たに多重債務被害を発
生、拡散させる大阪府の「貸金特区」構想に断固反対し、大阪府に同構想の撤回を求めると共に、内
閣府がこの大阪府の「貸金特区」の提案を毅然と却下することを強く求めるものです。

上記趣旨にもとづき、大阪弁護士会、大阪司法書士会、大阪労働者福祉協議会、大阪クレジット・
サラ金被害者の会(大阪いちょうの会)の共催にて、表記集会を開催するものです。
大阪府「貸金特区」構想に反対するすべてのみなさんがご参加いただきますようご案内申し上げま
す。


------------------------------------------------------------------------------------

<~大阪ヤミ金特区反対署名を!~>


内閣官房 地域活性化統合事務局 御中

私は、平成22年7月6日に、第18次構造改革特区提案の募集に応じて大阪府が提案した
「小規模金融特区構想」に強く反対いたします。反対の理由は、次のとおりです。

1.本特区構想は、多重債務者の発生を抑制するという、同年6月18日に完全施行されたばか
りの改正貸金業法の趣旨を没却することになること。

2.短期及び少額貸付についての、上限金利規制の緩和は、貸金業法改正の際に議論が尽くされ
、その結果、脱法行為を許すべきではないとして最終的に排斥されたものであること。

3.貸金業法改正案は、国会で全会一致で可決されている他、改正貸金業法の早期完全施行を求
める意見書が、全国35の都道府県及び650の市町村で採択されている。上限金利規制と総量
規制は、国民全体の要望であるのに、本特区構想はその国民の要望に反すること。

4.大阪に本店を置けば、上限金利規制・総量規制を緩和した貸金業の営業を全国的に展開する
ことが可能となり、「各地域の自然的、経済的、社会的諸条件等を活かした地域の活性化を実現
するために、妨げとなる規制を取り除くツール」との構造改革特区制度の趣旨に反する。構造改
革特区の名の下に全国的に改正貸金業法等を潜脱することになること。

5.出資法違反にあたる犯罪的金利(年20%を超える金利は5年以下の懲役または金1,000万円以
下の罰金)を認めることは、「国民生活の向上と国民経済の発展に寄与する」(特区法1条)と
の構造改革特区の目的に反するものであること。


職業 会社員・パート・派遣労働・自営業・主婦・無職・他(     )
住所            府・県 性別  男 ・ 女
氏名・名称                (団体・個人)

取りまとめ団体〔大阪いちょうの会〕まで、郵送・FAXでお送り下さいますよう、
お願いします。
住所 〒530-0047 大阪市北区西天満4-2-7-27 
FAX 06-6361-6339
お問い合わせ(電話) 06-6361-0546

---------------------------------------------------------------------

また、この署名用紙は下記URLからダウンロードしていただけます。
http://www.ichounokai.jp/digicame.html/https___www.ichounokai.jp_nwmail_readmail.pdf

どうぞ宜しくお願いいたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビッグイシューウィーク IN TOKYO
貧困を超えよう!「希望映画祭」
9月11日(土)~9月16日(木)*9月12日を除く。

「世界に広がる社会的企業・ビッグイシュー展」 同時開催!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回ビッグイシューは、7周年記念事業・ビッグイシューウィークの中で、
「貧困と希望」を考える映画祭を、アップリンク、ザ・ボディショップとともに開催します。
私たちは、暗くて悲しい貧困の中でも人々を支える「希望」の明るい力を信じ、
「希望映画祭」と名づけました。

上映作品の中でも、特に「ホームレスワールドカップ」、
「ウォーダンス」は、貧困の中にある「希望」を感じることができます。
また、「闇の子供たち」など、貧困に起因する問題に正面から挑む
良質な映画もセレクトしました。

そして、鎌仲ひとみ監督の三部作や、トークショーは、「希望」のヒント
になることと思います。特に、「ミツバチの羽音と地球の回転」は、
正式公開前、一夜限りの特別公開です。

スクリーン、トークショー、会場内展示「世界に広がる社会的企業、ビッグイシュー展」を通
じて、そこに「希望」を見つけ、この時代を生き抜く知恵と方途にして頂けることを願っています。

【映画タイトル】
(鎌仲ひとみ監督三部作)
・ヒバクシャ―世界の終わりに
・六ヶ所村ラプソディー
・ミツバチの羽音と地球の回転
(その他の作品)
・ミリキタニの猫
・ウォーダンス
・闇の子供たち
・ベルサイユの子
・ホームレスワールドカップ
・おいしいコーヒーの真実

【料金 当日料金(前売り価格)】
一般/ 1300(1000)、学割/ 1000(800)、
一日フリーパス/ 2500(2300)、一週間フリーパス/ 8000(7000)
前売り件をご予約いただくと、お安くなります!
→ http://www.uplink.co.jp/factory/log/003688.php

【上映場所】
アップリンク・ファクトリー@渋谷駅より徒歩10分
→ http://www.uplink.co.jp/info/map.html
*大手の映画館とは違い、インディペンデント・スピリットのある映画を
上映している映画館です。

【URL】
映画の詳細やタイムラインは→ http://www.uplink.co.jp/factory/log/003688.php
7周年イベントの概要や制作秘話は→ http://blog.livedoor.jp/big_7anniversary/
→ http://twitter.com/Big_Issue_7th

【ビッグイシューとは】
ビッグイシューは1991年にイギリスで誕生した、ホームレスが販売する雑誌です。

物を提供するチャリティではなく、雑誌の販売というビジネスを通じて
「チャンス」を提供し、ホームレスの自立を応援しています。

【協賛】KEEN Japan、THE BODY SHOP
【協力】(有)アップリンク


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■3

----------------------------------------------

●みんなでつくる レイバーネットTV●
~働くもののメディア~ 

第3号放送予定!
2010年9月21日(火曜日)
20:00~21:00

はたらくものの情報ネットワーク「レイバーネット」では、ユーストリームを活用した
オンラインニュースを7月20日から毎月一回放映しています。5月に「ゼロ号」と題して
パイロット版を放映したところ、当日とアーカイブを合わせてアクセス数はなんと1500
を超しました。

労働争議を闘っている仲間を中心に、ユニオンについての率直な疑問も交えながら全5
回のシリーズ(毎月第三火曜)を本格始動し、楽しく番組を作っています。

「レイバーネットTV」が目指しているのは「日本の大手メディアでは、見えない、聞け
ない、話せない」労働・市民運動関連や時事ニュースを報道していくことです。ユーストリ
ームとツイッターの双方向性を活かした参加型テレビで、労働界では初めての試みです。

レイバーネットが得意とする「文化」をつかって、闘う仲間を応援し、そしてともに闘っ
ていきます。他では絶対に観ることができない、楽しくて、得になる情報満載。観ないと損です。

・視聴アドレス http://www.labornetjp.org/tv
(0号~2号の録画もこのページからリンクでご覧いただけま
す)

・キャスター 松元千枝 土屋トカチ


********8月17日の第2号で放映した内容************

1.【ニュースダイジェスト】
反ヤスクニデモ、自衛隊セクハラ訴訟など一か月にあったホットニュースをご紹介

2.【ザ争議】
国労北見闘争団の「走る男」中野勇人さんに、23年間たたかってきた「JR不採用問題」の
政治解決と今後の闘いについてお聞きします。

3.【教えておじさん!】
今号はお盆休み中の平賀健一郎おじさんに代わり、全石油昭和シェル労組の柚木康子先輩
に、女性として古臭い男社会でもある労働運動をかけぬけてきた経験話をお聞きします。世代
間ギャップを埋めつつ、これからの組合活動をより活発にしていくために私たちは何をすべき
かを一緒に考えていきます。

4.【不満★自慢】
「おかしい、こんな働き方」をテーマに視聴者の方々から、変な働き方自慢話をちょうだい
し、「川柳界の若手」乱鬼龍とジョニーHが川柳と歌を交えて乗り切っていきます。壱花花の
風刺漫画コーナーもあり。なお、不満自慢情報はlabor-staff@labornetjp.org、FAX03-3530-8578
へ事前にお寄せいただければ番組で紹介します。

5.【木下昌明の今月の一本】
映画評論家、木下昌明さんが今月のおすすめ「キャタピラー」「ANPO」などを取り上げます。

6.【山口正紀のピリ辛コラム】
フリーランスジャーナリストの山口正紀さんが世相を論評します。

*ツイッターのある方は、レイバーネットのツイッターをフォローしてください。TVの情報をいち
早くお届けします。

http://twitter.com/labornetjp

・連絡先 レイバーネット日本(松元)
090-9975-0848
labor-staff@labornetjp.org
[PR]

by books131 | 2010-08-31 11:47 | イベント転載