湯浅誠さんからのおしらせ

■1

北海道でのイベントのお知らせ

北海道でこれから開催される学習会等たくさんありました。
長いですが、省略しつつ、紹介させてください。

詳しくはWEBなどのアドレスをご覧下さい。
★http://www015.upp.so-net.ne.jp/hanhinkondo/


●反貧困ネット北海道 連続学習会 

【8月学習会】テーマ 精神障害と貧困
【日時】8月26日(木) 午後6時30分より
【会場】札幌市教育文化会館301号室
【講師】鈴木浩子さん(植苗病院PSW、日本精神保健福祉士協会理事)
【参加費】500円(会員無料)

【9月学習会】テーマ 女性と貧困
【日時】9月17日(金)午後6時30分より
【会場】札幌市教育文化会館 301号室
【講師】大矢さよ子さん(しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事)
【参加費】500円(反貧困ネット北海道としんぐるまざあず・ふぉーらむの会員は無料)

【申込み】いずれも参加申し込み不要です。直接会場へお越しください。
★http://www015.upp.so-net.ne.jp/hanhinkondo/




●反貧困ネット北海道 連続学習会 

【8月学習会】テーマ 精神障害と貧困
【日時】8月26日(木) 午後6時30分より
【会場】札幌市教育文化会館301号室
【講師】鈴木浩子さん(植苗病院PSW、日本精神保健福祉士協会理事)
【参加費】500円(会員無料)

【9月学習会】テーマ 女性と貧困
【日時】9月17日(金)午後6時30分より
【会場】札幌市教育文化会館 301号室
【講師】大矢さよ子さん(しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事)
【参加費】500円(反貧困ネット北海道としんぐるまざあず・ふぉーらむの会員は無料)

【申込み】いずれも参加申し込み不要です。直接会場へお越しください。
★http://www015.upp.so-net.ne.jp/hanhinkondo/


●司法修習生の給費制維持を求める市民集会
【日時】2010年 8月27日 開場18:10 開演18:30
【場所】札幌エルプラザ 札幌市北区北8条西3丁目(JR札幌駅北口より徒歩5分)

寸劇「CHANGE-変身-」(NPO法人コンカリーニョ)
パネルディスカッション
川上 明彦 弁護士(日本弁護士連合会)山口 二郎 教授(北海道大学)間嶋 ひとみ
記者(NHK)
当事者からの声、各界からの意見表明

【主催】札幌弁護士会
【共催】日本弁護士連合会・北海道弁護士会連合会・旭川弁護士会・釧路弁護士会・函館弁護士会
★http://www.satsuben.or.jp/events/2010/14details.html


●北星学園大学 2010年度(第43回)社会福祉夏季セミナー
テーマ 「現代のわが国における生活保障のあり方とその課題」
【日程】2010年9月3日(金)
【内容】10:00 【基調講演 I】『社会福祉の生活保障機能を考える』
宮本 太郎 氏 (北海道大学 大学院 教授)
13:00 【パネルディスカッション】『生活保障から見る実践現場の課題』
【会場】北星学園大学 特別教室A (図書館棟4階)
【定員】140名(定員に達し次第締め切ります)
【受講料】2,000円(本学学生1,000円)
【申込締切】2010年8月20日(金)必着 (申込書および受講料入金)
★http://www.hokusei.ac.jp/research/lifelong_learning/seminer01.html


●ビッグイシュー日本版札幌販売3周年記念シンポジウム
佐野章二さん講演「ビッグイシューの挑戦」
シンポジウム「身近に考える新しい公共・社会的企業」
【日時】9月4日(土) 午後2時30分より
【場所】北大学術交流会館小講堂 http://www.hokudai.ac.jp/bureau/map/map4.htm
【参加費・申込等】入場無料 事前申込不要
【お問い合わせ先】ビッグイシューさっぽろ 電話:080-4040-1914
★http://bisapporo.web.fc2.com/index.html


●堤未果・むのたけじ 札幌講演会 ~現代の「豊かさ」と「その裏側」を考える~
【日時】2010年9月18日(土)午後2時~5時
【会場】共済ホール ( 札幌市中央区北4西1)
【参加費】1,000円
【主催】堤未果・むのたけじ札幌講演会実行委員会
【事務局】医療九条の会・北海道
チラシはこちら→http://iryo9jyo.dosanko.org/index.htm


●しんぐるまざあず・ふぉーらむ主催
「シングルマザー応援セミナー&相談交流会」
【日程】9月18日(土)午前10:00~12:00 かでる2・7 510会議室 札幌市中央区北2西7
9月19日(日)午前10:00~12:00 サン・リフレ函館1F 中会議室 函館市大森町2-14

10:00: セミナー「シングルマザーの仕事・子ども・暮らし」
11:00: 相談・交流会

【講 師】大矢さよ子 NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事
【参加費】無料
【受付期間】8月18日(水)より9月15日(水)まで
【問い合わせ・参加申し込み先】
しんぐるまざあず・ふぉーらむ北海道 http://kokoropg.cocolog-nifty.com/hitorioya/
【主催】NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ http://www7.big.or.jp/~single-m/
NPO法人北海道未来ネット http://www.21mirai.net/


●韓国映画『外泊』の上映会のお知らせ
【日時】9月23日(木・祝日)1回目13時~ 2回目15時~ 3回目17時~
【場所】自治労会館3F 第一会議室(北6西7)
【会費】700円 学生500円(中学生以下無料)
【主催】「外泊」上映委員会(準)
【問い合わせ】札幌地域労組(TEL:011-756-7790)
【内容】『Weabak:外泊』(ウェバク)は、韓国の大手スーパーで、レジ打を担当する
女性労働者たちの510間の闘いを描く。
映画「外泊」公式ページ http://film.weabak.info/
チラシはこちら→http://www.infosnow.ne.jp/~sgu/sgu-news/GAIHAKU.pdf


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2

近畿弁護士会連合会人権擁護委員会夏期研修
失われた30年を取り戻そう! 「個人通報制度」について

失われた30年を取り戻そう!
近畿弁護士会連合会人権擁護委員会夏期研修 今年は「個人通報制度」を取り上げま
す。

個人通報制度とは、国際人権条約にオプションとしてついている条約で、人権条約
上の権利を侵害された個人が、直接国連へ侵害を通報し、自国政府に救済措置の勧告
をしてもらうという画期的な制度です。
そのためには、日本が個人通報制度を定めた選択議定書(オプショナル・プロトコー
ル)を批准する必要があります。
この議定書は、自由権条約と同じ1976年に発効し、日本は1979年に社会権
条約と自由権条約は批准しましたが、議定書の批准はさぼりました。
この間、批准国は増えて、国連加盟国192,自由権条約批准国164,議定書批
准国113にのぼっています。
この議定書を批准していれば、最高裁が救済を認めなくても、個人が国連に通報し
て人権救済の勧告を受けられたはずですから、日本に住む個人にとって実に大きな失
われた30年です。

政権交替もあり、政府もこのままではいけないという機運が漸く生まれていますが、
根強い反対もあります。
そこで、近弁連は、会員のために中身の濃い研修を後記のプログラムで行い、併せ
て、批准への機運を一層盛り上げたいと考えています。
そのため当日参加者への配布に向けて、役立つ資料を盛り込んだ資料集作りの追い
込みに入っています。私も、2008年12月国連総会で採択された社会権の個人通
報制度と居住の権利について書きました。
一般参加大歓迎です。
日本の人権状況をなんとかしたいとお考えの方々の参加を心からお待ちしています。

熊野勝之

───────────────────────



【日時】2010年8月28日(土)午前の部:午前10時~12時 午後の部:13時~16時半
【場所】大阪弁護士会館2階ホール
【申込み】原則8月13日までですが、13日以降も受けつけます。(当日飛び入りも可)
ご所属と氏名と「近弁連人権擁護委員会夏期研修会に参加する」ことを
明記のうえ、FAX(06-6364-7477)にてお申込ください。
【参加費】午前のみ、午後のみの参加にかかわらず、一般の方は一律で500円、弁護士
は1,000円です。一般の方は、参加費は、当日、受付でお支払いください。
【問合先】担当事務局 前田(TEL06-6364-1227)
【詳細】http://www.osakaben.or.jp/web/event/2010/100828-2.pdf
→申込書をプリントアウトできます。

【プログラム】
1 個人通報制度の説明
2 報告書資料の活用方法
3 自由権条約を活用した事例報告
女子昇格・賃金差別、 在日外国人「障害年金」訴訟、 メルボルン事件
以上午前
4 寸劇 もし個人通報制度があったなら
5 パネルデイスカッション
元国連自由権規約委員会委員長の安藤仁介京大名誉教授、
外務省松浦純也人権条約履行室長 など
休憩
6 質疑応答
7 総括


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■3

「自殺と貧困から見えてくる日本」出版記念イベント

今年3月10日に行われたシンポジウム「自殺と貧困から見えてくる日本」が本
になりました。

出版を記念して、シンポジウムにパネリストとして参加された精神科医の香山リ
カさん・反貧困ネットワーク事務局長の湯浅誠さん・NPO法人自殺対策支援セン
ターライフリンクの清水康之さんをお呼びして、ディスカッションを行うと共に、
サイン会を行います。

なお、本の印税の50%は特定の個人に入ることなく、自殺・貧困対策に使われ
ます。詳細はhttp://book.be-side.net/をご覧ください。会計等は全て、HP上で
公開されます。

本を読むことで、自殺・貧困問題を「他人事」ではなく「自分たちの問題」とし
て考える方が増えることを願っています。

(サイン会には、当日17時から配布される整理券が必要です。ご注意ください)


「自殺と貧困から見えてくる日本」出版記念イベント
【日時】9月2日19時~21時
【場所】淀橋教会http://www.yodobashi-church.com/
(新宿区百人町1-17-8)
JR新宿駅から1つ先の JR新大久保駅改札左側(山手線)徒歩3分
JR大久保駅北口改札右側(総武線)徒歩1分
【定員】1300名位まで入れます
【入場料】「自殺と貧困から見えてくる日本」をお持ちの方は無料
お持ちでない方は1200円

19時~淀橋教会主管牧師・峯野先生挨拶後、香山リカさん・清水康之さん・湯
浅誠さんでディスカッション。コーディネーターを中下大樹が務めます。
その後、20時頃より、サイン会という流れです。

皆さまのご参加を、心よりお待ちしております。
暑さ厳しき折、お体にはご自愛ください。

中下大樹
[PR]

by books131 | 2010-08-23 11:36 | イベント転載