「思考の平衡感覚」

アサヒ・アート・フェスティバル2010
AAF学校・東京校
「思考の平衡感覚」
http://arts-npo.org/aafschool2010.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
内  容:〈オリエンテーション〉
日時:8月23日(月) 18:00~18:25
昨年開催したAAF学校を振り返りつつ、今年度のAAF学校の目論み
を紹介する。

〈第一回〉「マークに聞く、アーティスト共同体運営の秘訣とアート
の可能性」
日時:8月23日(月) 18:30~20:30
トーク:マーク・テ(アーティスト)

〈第二回〉「アーティストの労働と権利を考える」
日時:2010年9月13日[月] 18:30-20:30
対談:吉澤弥生 [芸術社会学者 / NPO法人recip]
藤井光 [アーティスト]




■インタビュー(全文は、アサヒ・アートスクエアのスケジュールチラシでご覧
いただけます。

Q)8月23日より、いよいよ今年のAAF学校がスタートします。
昨年に続き、今年もアートNPOリンクが企画されていますが、まずは、昨年の
AAF学校のことから聞かせてください。
どのような問題意識のもとに企画されたのでしょうか。

―2009年のAAF学校を企画するにあたって、まず「政治」「当事者性」「アイ
デンティティ」の3つのキーワードを設定しました。そして、各回に「アクティビ
ズムの系譜」「グローバル資本主義の弊害」「権力を帯びた社会介入」「合意形
成の手法」といったテーマを設けました。東京で開催する講座ですので、東京の
ローカリティを下敷きにしています。いま東京で繰り広げられている社会や
政治に介入する(intervention)アートシーンには、どのような思想が流れてい
るのかを知りたいと思ったのが契機です。政治は、私たちの日々の生活と無関係
ではありません。生活全てが政治に帰結します。ワールドカップやオリンピック
が政治と無縁な訳がありませんよね。アートにおいても同様です。
いま、NPOや市民グループによるアート活動もまた、政治的主体たらんとする行為
であるということに、なんとなく理解が広がってきている気がしていて、それを
補いうるような講座を計画しました。

Q)マレーシアのファイブアーツセンターより、マーク・テさんを招いた理由を
教えてください。

―マレーシアという建国50年の若い国家がどのように国家アイデンティティを形
成してきたか、多民族・多宗教の中どのように統治しているか、制限・検閲され
る文化や表現という事態に直面してアーティストたちはどのように政治や権力に
向き合っているのか、とても興味がありました。
また、マークのような若い世代は、独立後の混乱期を経験していません。彼は現
状をどのように理解し、どう変革していきたいと考えているのか、そのためにど
のような活動をしているのかお話しを聞いてみたいと思っています。彼はオルタ
ナティブメディアなどにも積極的に取り組んでいて、アーティスト・コレクティ
ブであるファイブ・アーツ・センターのメンバーでもあります。ファイブ・アー
ツ・センターの運営方法についても聞いてみたいことがありますね。

Q)第2回[講師|吉澤弥生+藤井光]では、フランスの事例をとりあげてい
ます。今それを日本に紹介する狙いはなんでしょうか。

―別にフランスのアートの事例を取り上げたい訳ではないんです。それよりも、芸
術労働者たちが自分たちの権利をどのように獲得していくのかを考える必要性を
切実に感じています。昨年の事業仕分けで文化予算が削減されそうになったり、
児童ポルノ規制に乗じた表現の検閲と監視強化が実現しそうになったときに、さ
まざまな声があがるべきだと感じたことが発端です。
アートNPOリンクで緊急フォーラムを開催したとしても、ある理念に共感できる
NPO同士では意見の集約を図ることはできるでしょう。けれども、声はもっと多様
にあるべきです。声の大きな組織に集約されるのではなく、それぞれが独自に発
言することができ、各自の意見を踏まえてクロスセクトラルに対話することが大
事です。とまぁ、そんなことを考えているんだよねと吉澤さんに相談したところ、
ちょうど同じようなテーマで調査をしているということからこのような内容にな
りました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会  場:アサヒ・アートスクエア
(東京都墨田区吾妻橋1-23-1スーパードライホール4F)
アクセス:http://arts-npo.org/aas/map.htm
東京メトロ銀座線「浅草駅」4、5番出口より徒歩5分
都営地下鉄浅草線「浅草駅」A5番出口より徒歩10分
「本所吾妻橋駅」A3出口より徒歩6分
東武伊勢崎線「浅草駅」より徒歩6分
料  金:各回2,000円(全2回=4,000円)/学割1,500円
*予約制(定員100名)
*学割は、受付時に学生証の提示が必要です。
*アートNPOリンク会員は、学割料金にて受講いただけます。
申込方法:下記をご記入のうえ、FAXまたはE-mailでお申込みください。
1)お名前、2)E-mail、3)電話番号、4)参加日程
*E-mailの件名を「AAF学校参加申込み」としてください。
*お送りいただいた情報は目的外に利用いたしません。
申込み先:アサヒ・アートスクエア事務局AAF学校係
FAX 03-5608-5319 / E-mail aafs@arts-npo.org
問合せ先:アサヒ・アートスクエア事務局〔火曜日定休、10:00~18:00〕
E-mail aafs@arts-npo.org / TEL 090-9118-5171
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
主  催:アサヒ・アート・フェスティバル運営委員会
共  催:NPO法人アートNPOリンク
助  成:財団法人アサヒビール芸術文化財団
特別協賛:アサヒビール株式会社
[PR]

by books131 | 2010-08-10 00:35 | イベント転載