「10万人都市の文化施設と生活 ドイツ・エアランゲン市の事例から」

■高松平蔵さん(エアランゲン/ドイツ在住)のお話を聴く会
「10万人都市の文化施設と生活 ドイツ・エアランゲン市の事例から」

日 時:8月8日(日)18:00開始
入場料:1000円(1ドリンク付き)
会場:ArtTheater dB 神戸(JR新長田駅より徒歩8分)
予約・問合わせ:NPO法人DANCE BOX Tel:078-646-7044
/dB WEBまで http://www.db-dancebox.org/

【概要】
「地域で何ができるか」「文化を市民生活とどうつなげるか」。昨今そんなことが日
本で議論されている。一方、ドイツは地域単位での文化の取組みが数多くあり、文化
政策や市民活動が充実している。人口10万人のエアランゲン市(バイエルン州)には
使われなくなった発電所を文化施設として活用している事例があるが、こういったも
のを取り上げつつ、生活ベースの視点から文化や芸術がどのようなかたちで町で展開
されているかを紹介する。

▼高松平藏 プロフィール
ジャーナリスト。ドイツの地方都市エアランゲン市(バイエルン州)在住。1996
年創業の京都経済新聞社の立ち上げに参画。1998年からエアランゲン市での取材
を開始する。いったん日本に帰国するが、2002年から再び同市に。
これまでの取材分野は環境問題、IT、文化・芸術、経済など多岐にわたるが、いず
れもエアランゲンおよび周辺地域で取材。日独の生活習慣や社会システムの比較を
ベースに地域社会のビジョンをさぐるような視点で執筆している。著書に『ドイツの
地方都市はなぜ元気なのか』(学芸出版 2008年)、『エコライフ ドイツと日本ど
う違う』(化学同人/妻・アンドレアとの共著 2003年)がある。
NPO「recip(レシップ/地域文化に関する情報とプロジェクト)」監事。JCDN(Japan
Contemporary Dance Network)会員。
[PR]

by books131 | 2010-08-02 15:23 | イベント転載