10名のイノベーターが東京に集結!

日本の底力をご紹介!持続可能な地域に向けた挑戦を続ける
10名のイノベーターが東京に集結!

http://academy.etic.or.jp/
----------------------------------------------------------------------
2010年7月11日(日)13:00~ @東京・赤坂
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
主催・運営:NPO法人ETIC./プログラム・パートナー:日本財団


■挑戦を続けるイノベーターの登場!

「地域にはたくさん問題がある」「地域を活性化しないと大変だ」など
行政や民間はじめ、様々なところから叫ばれていますが、
みなさんが想像する「地域で活躍をしている人」とは、
どのようなイメージでしょうか?

最初から地域活性化ということに興味・関心があったのでしょうか。

都市から移住して事業に取り組む、生まれ育った地元で挑戦する、など
地域で仕事をするにはさまざまなパターンがありますが、
一番最初は多くのみなさんと同じ、今の社会や地域への不満、そして
多くの人の出会いから問題意識を感じ、「何かやりたい、変えたい」
と思って行動をはじめたのではないでしょうか。

地域にはただその地域を愛し、仕事をしている人が実はたくさんいます。

このイベントでは、そんなみなさんの少し先輩として、すでに地域の中で
自分のやりたいこと、実現したいことを実現している10名の方々に、
地域とご自身に関する「生の思い」を語っていただきます。

■地域を愛し、だからこそ変革を起こしたい人へ

「地元に戻りたい理由がある(好きな人がいる、好きな土地がある)」
「大好きな自然がある。残したい文化がある」
「東京生活から離れて、地域で半農半Xのような生活をしたい」
「日本のこれからは地域だと思っている」
「やりたいことが地域にしかない」
「大学を出たら、地方公務員になりたいと思っている」

このようなことを考えている方は、ぜひ実際に地域の現場に触れて
挑戦している人のキャリアや経験を聞いてみてください!

今回このイベントでは、地域イノベーター養成アカデミーとして、
ご登場いただいたみなさんの現場を見ていただく機会も用意しております。

話を聞くだけではなく、ここで生まれた出会いやご縁を通じて地域に入り、
現場を知り、彼らに続くみなさんの参加をお待ちしております!



│■│イベント概要
└─┴────────────────────────────────
日 時:2010年7月11日(日)13:00-20:00
*12:30開場/12:45までに受付をお済ませください。
会 場:日本財団ビル(港区赤坂1-2-2)
*東京メトロ銀座線/南北線・溜池山王駅9番出口 徒歩5分
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
*地図を印刷の上、時間に余裕を持ってお越しください。
参加費:無料
定 員:200名(事前登録制)

詳細はこちら>>> http://academy.etic.or.jp/kickoff/
┌─┬────────────────────────────────
│■│プログラム
└─┴────────────────────────────────
13:00~13:20 オープニング

13:20~14:20 基調パネルディスカッション

テーマ:地域で“仕事”を創るとは?
出身地でまちおこしに関わっている方から、UIターンで地域に入った方など
3名の方々に、ご自身のBefore&Afterや、現在行っている仕事について、
また地域で働くことの醍醐味や苦労、などを赤裸々に語っていただきます!

パネラー:畦地履正氏(株式会社四万十ドラマ 代表取締役)
高砂樹史氏
(NPO法人おぢかアイランドツーリズム協会 専務理事)
丹埜倫氏(株式会社R.project 代表取締役)
コーディネーター:山内幸治(NPO法人ETIC.事業統括ディレクター)

14:20~15:00 10地域ダイジェスト紹介

15:15~18:40 地域ゼミ(3ターム制、1ターム3~4地域のゼミを同時開催)

1地域60分ずつ、地域の魅力やその地域で事業に取り組んでいる方々の
紹介や、このあと用意しているフィールドワークの内容など、映像や
写真も交えながらじっくりお話いただきます。
参加者のみなさんからの質問も受けつけながら、インタラクティブに
進行します!

18:50~19:00 今後のネクストステップのご説明

19:00~20:00 フィールドワーク申し込み受付、交流会

参加者のみなさん、10地域のみなさんが一同に会す、大交流会です♪
ゼミで話を聞けなかった地域の方や、参加者同士の交流の場として
活用いただけたらと思います。
交流会中は、相談ブースも設けていますので、フィールドワークへの
参加に関するご相談も受けつけております。


┌─┬────────────────────────────────
│■│登壇者ご紹介(順不同)
└─┴────────────────────────────────

●ドイツ証券東京支店、リーマンブラザーズ証券東京支店での株トレーダー
を経て、自身が中学校時代に通った校舎を譲り受け、スポーツ&自然体験型
宿泊施設として運営!
>>丹埜 倫 氏(株式会社R.project 代表取締役)【千葉・鋸南町】

●NTTデータ、Yahoo!Japanなど、数々の大企業でマーケティング、
マネジメントキャリアを積んだ後、総世帯120戸の村に移住。
現在は地域活性化マネージャーとして活躍中。
>>東田 一馬 氏 【京都・京丹後】
(株式会社アミタ持続可能経済研究所 地域活性化支援室室長代理/地域活性
化マネージャー)

●劇団時代の全国行脚の経験を経て、子育ては自給生活でやりたいと思い、
コンビニが1件もない長崎県・小値賀(おじか)を選び、島残しのための
事業に挑戦!
>>高砂 樹史 氏(小値賀観光まちづくり公社 専務取締役)【長崎】

●バックパッカー、東京でのビジネスマン生活を経て、熱海にUターン。
「100年後も豊かな暮らしができる熱海(まち)をつくる」を合言葉に
観光プログラム作りを展開中!
>>市来 広一郎 氏(NPO Atamista 代表)【静岡・熱海】

●生まれ育った智頭町で、現在町役場の企画室長として勤務の傍ら、NPO法人
新田むらづくり運営委員会の理事としても活躍中。行政の立場からまちづく
りを考える!
>>岡田 光弘 氏 【鳥取・智頭】
(NPO法人新田むらづくり運営委員会 理事/鳥取県智頭町企画課企画室長)

●高知県四万十町出身、地元活性化のために当時第3セクターとして設立
された会社に参画、現在は“四万十川方式地元発着型産業”を展開中!
>>畦地 履正 氏 (株式会社四万十ドラマ 代表取締役)【高知】

●お祭りに魅せられ、生まれ育った三谷町でずっと生きていくことを決意。
障がい者がイキイキと働く店舗運営とまちづくりを掛け合わせた事業を
展開中!
>>小田 泰久 氏 (NPO法人楽笑 理事長)【愛知・蒲郡】

●まちづくりコンサルタントとして働いていたときに出会った八郎湖と、
八郎湖再生に取り組む方々の熱意に触れ、自らも移住。八郎湖を通じた
環境教育事業に取り組む!
>>佐藤 良枝 氏(NPO法人はちろうプロジェクト理事)【秋田】

●有機や無農薬米に特化した通販サイト「おこめナビ」の立ち上げを経て、
本局を千葉県九十九里に移転、九十九里での人材バンク構想や、新規
就農支援に取り組む!
>>秋葉 秀央 氏(NPO法人TINA 理事長)【千葉・九十九里】

●地域計画コンサルタントを経て、Uターンで地元鹿児島へ。薩摩半島広域圏
で地域密着観光事業を手がける、同社に合流。農家民泊による修学旅行の
受け入れ、東シナ海のサンゴ保全事業を担当!
>>立石 美樹 氏(NPO法人エコ・リンク・アソシエーション 職員)
【鹿児島・南さつま】

詳細はこちら>>> http://academy.etic.or.jp/kickoff/

┌─┬────────────────────────────────
│■│参加申し込み
└─┴────────────────────────────────
下記URLよりお申し込みください。
http://academy.etic.or.jp/kickoff/ 

応募締め切り:7月10日(土)18:00

※定員に達した場合には、締め切らせていただきますので、
お早めにお申し込みいただけますと幸いです。


★地域に興味のある人は.前日に行われるチェンジメーカー開発会議も必聴!
午前中の川北氏の講演を始め、様々な分野のプレイヤー・メンターと、
1日かけて私達が取り組むべき課題を発見していきます。
特に”食・農業編”は、地域活性と切っても切り離せない農業での地域活性に
取り組む様々なプレイヤー、メンターの話を聞くことができます。
この週末は、10日(土)に自分のテーマを見つけて、11日(日)に地域の
フィールドを選びましょう!
http://bit.ly/ai5dne

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【問合せ先】 ご質問・ご相談があればお気軽にご連絡ください。

特定非営利活動法人 ETIC.(エティック) 担当:笹川・長谷川
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル4階
TEL:03-5784-2115 / FAX:03-5784-2116 / E-Mail:academy@etic.or.jp

※本プログラムは、競艇の交付金による日本財団の助成金を受けて
実施しております。
[PR]

by books131 | 2010-07-07 10:04 | イベント転載