シンポジウム「点字力が未来を拓く」

点字の父生誕200年・日本点字制定120年キャンペーン
シンポジウム「点字力が未来を拓く」
~坂田記念ジャーナリズム賞受賞記念~


<開催趣旨>

点字を考案し、〝点字の父〟と呼ばれるルイ・ブライユ(仏)の生誕200
年に当たる09年1月から、毎日新聞社は、点字と視覚障害者を取り巻く問題を
取り上げ、誰もが暮らしやすい「共生社会」の実現に向けてキャンペーン報道
を続けています。今年は、ブライユの点字を応用して生まれた「日本の点字」
制定120年。点字の未来と視覚障害のある人の権利について、みなさんと考
えていきます。同キャンペーンは、関西の優れた報道(09年)に贈られる第17
回坂田記念ジャーナリズム賞を受賞しました。

<とき>

2010年6月13日(日)午後1時半~4時半(開場1時)
入場無料(手話通訳あり)
<ところ>

毎日新聞オーバルホール(大阪市北区梅田3の4の5) 
(JR大阪駅徒歩8分)



<内容>
司会・上木すみれ

開会あいさつ 斉藤善也・毎日新聞大阪本社編集局長

第1部 ピアノコンサートと講演

・ピアノコンサート
ピアニスト、福田正人さん=昨年秋のカナ
ダ・バンクーバーでの国際障害者ピアノフ
ェスティバルで芸術賞受賞。全盲。兵庫県 西宮市出身。

・講演  万人のための“点字力”入門
~さわる文字から、さわる文化へ~
広瀬浩二郎さん=国立民族学博物館准教授     
全盲。

第2部 パネルディスカッション

コーディネーター
佐竹義浩さん(毎日新聞学芸部副部長)

パネリスト 小山田みきさん(保育士、全盲)
加藤俊和さん(京都ライトハウス参与)
広瀬浩二郎さん(国立民族学博物館准教授)
遠藤哲也さん(毎日新聞学芸部記者)

閉会あいさつ…黒川昭良・毎日新聞大阪本社編集局次長

<主催・後援>
主催 ・毎日新聞社
後援 ・毎日新聞大阪社会事業団、日本ライトハウス
京都ライトハウス

<問い合わせ> 毎日新聞学芸部 TEL 06・6346・8201
FAX 06・6346・8204      
メールアドレスosaka.gakugei@mainichi.co.jp
[PR]

by books131 | 2010-06-01 13:53 | イベント転載