湯浅誠さんからのおしらせ

□1(愛知)
2010年5月30日(日)13:30~16:30@愛知県司法書士会館
5.30反貧困ネットワークあいち結成集会
―人間らしい生活と労働の保障を求めてつながろう―

□2(東京)
2010年5月30日(日) 18:00開場 18:30開演@総評会館201号室
「自由と生存の家」2軒目建設支援大集会
家と仕事を取り戻そう――「自由と生存の家」住宅確保と仕事作り

□3(北海道)
2010年6月4日(金)18:00~@札幌市教育文化会館小ホール
反貧困ネット北海道設立1周年記念シンポジウム
「なくせ貧困-政権交代後の1年間を問う」




■1

2010年 子どもの日記念行事
日本弁護士連合会第53回人権擁護大会プレシンポジウム
子どもの育ちと貧困を考えるpart2

【日時】2010年5月28日(金)18:00開会
【会場】札幌市教育文化会館4F講義室 参加費 無料
(札幌市中央区大通西13丁目)
【内容】

基調講演 子どもの貧困 この1年~日本の不公平を考える~
講師 阿部 彩氏 (国立社会保障・人口問題研究所社会保障応用分析研究部長)

パネルディスカッション 幸せな子ども時代のために
阿部 彩氏
松本伊知朗氏(北海道大学大学院教育研究院教授)
内田信也氏 (弁護士 札幌弁護士会子どもの権利委員会)

【主催】日本弁護士連合会 北海道弁護士連合会 札幌弁護士会

【問い合わせ先】札幌弁護士会 子どもの権利委員会
TEL 011-281-2428(代表)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2

ワーキング・プア向け給付金3倍増
マイクロクレジットの日本における可能性を考えるイベント

反貧困たすけあいネットワークEVENT
BREAD AND ROSES 5 ~私たちにパンと誇りを!~

たすけあいネットの恒例イベント“ブレッド・アンド・ローズ”。今回も、バンドライブ、
政治家トーク、座談会など、盛りだくさんのプログラムを用意しています。
政権交代後、私たちの生活は変わったのか?変わってないのか?「第二のセーフティネット」
ができ、雇用保険と生活保護の間に新たなセーフティネットが生まれましたが、依然として課題
も多く残されています。
政権交代を踏まえつつ、政府が変わっても変わらない自分たちの課題について考えていこう!

【日時】2010年6月3日(木)19:00~22:00
【場所】六本木スーパーデラックス
東京都港区西麻布3-1-25 B1F(六本木ヒルズ隣)
日比谷線/大江戸線、六本木駅より、六本木通り沿いを西麻布方面へ徒歩5分
【地図】http://www.super-deluxe.com/map/
【入場料】500円(たすけあいネット会員は無料)

【SPEAKER】
河添誠(首都圏青年ユニオン書記長)
湯浅誠(NPO法人自立サポートセンター・もやい事務局長)
【SPECIAL GUEST】
宇都宮健児(反貧困ネットワーク代表)、雨宮処凛(作家)、菅正広(マイクロファイナンス研究
者)、国会議員(予定)など多数
【BAND】BUGS GROUP http://www.myspace.com/bugsgroup

■「反貧困たすけあいネットワーク(たすけあいネット)」とは?
<首都圏青年ユニオン>と<NPO法人自立生活サポートセンター・もやい>が共同企画した、ワーキ
ングプアのためのたすけあい制度。病気やケガで働けなくなったときの「休業たすけあい金」給付、
生活困窮時の「生活たすけあい金」による救援に加え、若者のための居場所づくり、労働・生活相談
などを行っている。

■入会案内をご希望の方は、Eメール tasukeai-net@seinen-u.org にてご連絡ください。

【問い合わせ】
反貧困たすけあいネットワーク
〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-33-10 東京労働会館5F
公共一般労組内 首都圏青年ユニオン気付 Tel. 03-5395-3807 Fax. 03-5395-5139
E-mail: tasukeai-net@seinen-u.org http://d.hatena.ne.jp/tasukeai-net/


━━━━━━━━━━━━━━【以下、再掲です】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□1

5.30反貧困ネットワークあいち結成集会
―人間らしい生活と労働の保障を求めてつながろう─

【日時】5月30日(日)13:30~16:30
【場所】愛知県司法書士会館
【内容】
結成総会:13:30 ~15:00
メッセージや参加者の紹介:15:00~15:15
記念講演:15:30~16:30
演題「セーフティネットとしての労働」 講師和田肇氏(名古屋大学教授)

市民のみなさん
2月28日の「なくそう貧困、つながろう愛知集会~反貧困ネットワークあいちに向け
て~」には「貧困」をなくそうと活動されている多様な団体や「貧困」問題に関心の
高い市民のみなさんに参加していただき、500人がつどい、大きな高まりとなりまし
た。
この集会の力を母体にしながら、「貧困」問題を解決するために幅広いネットワーク
をこの愛知でつくろうと本結成総会を準備してきました。
私たちは様々な個人や団体が「貧困」をなくすためにみんなで協力して声を上げ、国
や自治体、企業など関係機関に働きかけ、1.相談会、2.勉強会(知識・経験交流)、
3.諸課題への取り組み、要請、政策提言などを積極的におこなっていきます。
基本的人権が保障され、人間らしい生活と労働が保障される社会の実現に向けて、反
貧困ネットワークあいち結成総会に是非ご参加下さい。

反貧困ネットワークあいち準備会
【連絡先】名古屋法律事務所内・反貧困ネットワーク準備会(担当・樽井)
名古屋市中村区則武一丁目10-6 TEL(052)451-7746 FAX(052)451-7749


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□2

1.「自由と生存の家」2軒目建設支援大集会

家と仕事を取り戻そう――「自由と生存の家」住宅確保と仕事作り

【日時】2010年5月30日(日)18時開場、18時30分開演
【場所】総評会館201号室(千代田区神田駿河台3-2-11
千代田線新御茶ノ水駅B3出口、丸ノ内線淡路町駅B3出口)
地図 http://www.sohyokaikan.or.jp/access/
【参加費】1000円
会場にカンパ制のバーコーナー(酒・茶類提供)有り。

<開会挨拶・自由と生存の家の現状報告>
大平正巳(自由と生存の家実行委員会)

<シンポジウム>
司会:菊地謙(自由と生存の家実行委員会)

湯浅誠さん(もやい、反貧困ネットワーク、元派遣村村長)
◎国内の貧困問題と解決に向けた動き
◎無謀と言われた自由と生存の家に期待すること

ホルヘ・アンソレーナさん(イエスズ会司祭・建築家)
◎海外の貧困者向け住宅確保の実践
◎自主的な住宅確保の取り組みを成功させるポイント

渡辺秀雄さん(東京ユニオン委員長)
◎京品ホテルの自主営業と職場作りの実例
◎労働者による仕事作りを成功させるポイント

2009年2月に、東京・四ッ谷に開設した自由と生存の家は、皆様のご支援、ご協力をいただき、
なんとか1周年を迎えることができました。「家」には、非正規雇用で働くフリーター労組の組合員
、派遣切りで仕事も住まいも失った仲間たちなどが入居し、全16室が満室の状態です。
また、失業状態が続く入居者やボランティアの仲間と一緒に、09年11月以降毎月第4日曜日に、
「自由と生存の野菜市」を開催し、仕事作りに向けた取り組みも行っています。
一昨年のリーマンショック以来、雇用状況は一向に改善せず、失業により住宅を失う人がますます増加
していますが、行政による支援策は限定的で、「貧困ビジネス」は拡大しています。
無謀と言われながらも、私たちは、2棟目を確保する決意をしました。
しかし、資金確保のめどはまだたっていません。そこで、2軒目建設のご支援を呼びかける集会を開催
することにしました。
国内の貧困問題に取り組んできたNPO自立生活支援センターもやいの湯浅誠さん、スラムの住宅改
善運動の専門家であるイエスズ会司祭のホルヘ・アンソレーナさん、長年地域ユニオンの活動に取り
組み、京品ホテルの自主営業を支えてきた東京ユニオンの渡辺秀雄さんをお迎えし、自由と生存の家
の運営や運動のあり方について、取り組みを前に進めていくためのご意見、ご提案をいただきます。

【お問い合わせ】自由と生存の家実行委員会
〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-16-13 MKビル2階
電話:090-8562-7953(菊地) FAX: 03-3373-0180
mail;info@freeter-jutaku.org web;http://freeter-jutaku.org/

【ご寄付の振込み先】
●郵便振替口座
記号・番号 00210-1-134891
名義 自由と生存の家実行委員会

他行からの振り込み
●ゆうちょ銀行
店名 〇二九(ゼロニキュウ)店(029)
預金種目 当座
口座番号 0134891
名義 自由と生存の家実行委員会


2.自由と生存の家サポーターズクラブの呼びかけ

<<自由と生存の家 サポーターズクラブの呼びかけ>>

◆自由と生存の家設立趣意書

現在、国内労働者の約20%が年収200万円以下という生活保護基準ギリギリの生活を強いられています。
更に、不安定な生活を強いられている仲間は派遣切りや雇い止め、解雇とぼろ屑のように使い捨てられ、
住処までも奪われています。

労働者はやられてばかりなのか?こんな仕打ちを受けても、生きるためには忍従しなければならいいのか?
そんな馬鹿な話はないというのが私たちの考えです。解決のためには、労働組合に加入する、労働組合
を結成する、政治的な運動に加わる/起こす、専門家・専門団体に相談するなど、さまざまなアクション
が必要です。

私たちは、自らの生活の土台である住宅を自分たちで確保し、運営し、人々が支え合い、出会い、
相談し合える場をつくる取組みを提案します。過去20年以上にわたり行われてきた新自由主義政策
により、私たちが奪われ、ズタズタにされてきた人と人の繋がりや地域を、そして自治を再生する
「自由と生存の家」を設立します。

自由と生存の家実行委員会

呼びかけ人:
雨宮 処凛(作家・反貧困ネット副代表)
稲葉  剛(NPO法人自立生活サポートセンターもやい理事長)
宇都宮健児(弁護士・反貧困ネットワーク代表)
斉藤 貴男(ジャーナリスト)
清水 直子(フリーライター・フリーター全般労働組合執行委員)
高橋  均(労働者福祉中央協議会事務局長)
原田 隆二(有限会社一水社不動産部)
布施絵里子(フリーター全般労働組合共同代表)
ホルヘ・アンソレーナ(イエスズ会司祭・建築家)

活動内容:
1 自由と生存の家の設立に賛同する会員を募る
2 会費およびカンパによって自由と生存の家の改修・円滑な維持運営を実現する

運 営:
1 「自由と生存の家実行委員会」が運営事務を担う
2 活動の現状は毎月呼びかけ人と会員に事務局が報告する

会 費:一口5,000円(可能な方は複数口の加入をお願いします)

その他:寄付、カンパも受け付けています。

入会申し込みフォーム(コピーの上、メールでお申し込み下さい)
************************************************************
上記呼びかけ・趣旨に賛同しサポーターズクラブに入会します。
氏名:
所属:(あれば)
住所:〒
メールアドレス:
************************************************************
返送先:(FAX)03-3373-0180(メール)info@freeter-jutaku.org

【ご寄付の振込み先】郵便振替口座つくりました!

■郵便振替口座
記号・番号 00210-1-134891 名義 自由と生存の家実行委員会

他行からの振り込みの場合
■ゆうちょ銀行
店名 〇二九(ゼロニキュウ)店(029)
預金種目 当座 口座番号 0134891 
名義 自由と生存の家実行委員会

【お問い合わせ】自由と生存の家実行委員会
〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-16-13 MKビル2階
電話/FAX:03-3373-0180 mail;info@freeter-jutaku.org
web;http://freeter-jutaku.org/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□3

反貧困ネット北海道設立1周年記念シンポジウム
「なくせ貧困-政権交代後の1年間を問う」

なくせ貧困!という国民の期待を背景に政権交代が実現してからはや1年弱。
政治は貧困をなくすことにどこまで成功し、どのような課題が残されているのでしょうか。
民主党政権のこの1年弱を振り返ると同時に、子どもの貧困や労働分野の実態などの
報告をうけ貧困撲滅のために何が求められているのかをみんなで考え、
反貧困!の輪をさらに拡大する機会にしたいと思います。

【日時】2010年6月4日(金)午後6時より
【場所】札幌市教育文化会館小ホール
(中央区北1条西13丁目)
【資料代】500円(反貧困ネット北海道会員は無料)
申し込み不要

反貧困ネット北海道事務局
電話/FAX 011-533-3778
メール hanhinkondo@yahoo.co.jp
[PR]

by books131 | 2010-05-27 12:35 | イベント転載