「アートプロジェクト」を研究するプロジェクト始動!

「アートプロジェクト」を研究するプロジェクト始動!

2010年、東京アートポイント計画は、アートプロジェクトの新しい基準、価値の方向を見出すため「Tokyo Art Research Lab」を立ち上げます。明日の東京をつくる試みに参加する当 事者として志に燃える人々によって作りだされる壮大なリサーチ・プロジェクトに、皆さまもぜひ、ご参加ください!!

++++++

「Tokyo Art Research Lab」は、未検証の事例や現在進行中の事例を分析・検証するリサーチプロジェクト。生活圏に潜む課題や可能性を分析・検証することで、アートプロジェクトを持続可能にするシステムを構築することを目指します。またラボの活動を通して、地域と人をつなげていくアート活動を活性化させるための環境基盤を整備し、またそれを担う人材を育成していきます。

具体的には、アートプロジェクトを創出し、維持し、展開するための5つのフレーム―①「つくる」②「支える」③「評価する」④「伝える」⑤「記録する」―に基づき、新たな知やスキルの創出を試みる連続講座や集中合宿セミナー、アートプロジェクトや東京に関する新しい知を生みだす公開講座を実施します。

「Tokyo Art Research Lab」では、これらのゼミ・講座を通して、新しい知とスキルを創出する要素を統合し、プロジェクト化することにより、リサーチプロジェクト活動にうねりを作り出していきたいと考えています。
 第一線で活躍するコーディネーター、次世代の文化の牽引者を志すリサーチ・アシスタント、それを追いかけるインターン、そしてゼミ・講座を受講するラボ生というメンバーによって構成されるリサーチャー集団は、各々が取り組むリサーチ活動を一つにまとめあげることにより新しい文化を創造するための道筋をつくっていくことを目指します。
こうして、「Tokyo Art Research Lab」に集積された知が無限大の広がりを見せることを期待しています。




Tokyo Art Research Lab
http://www.bh-project.jp/artpoint/app/lab.html


■説明会
Tokyo Art Research Labのコンセプトや講座内容についての説明会を実施します。

日時:6月6日(日)各日 14:30開場 15:00~16:30
会場:Tokyo Artpoint Project Room 302
(東京都千代田区外神田6-11-14 [3331Arts Chiyoda 3F])

参加費:無料(申し込み不要)

※5月29日(土)には、2009年度インターン・プログラム「シッカイ屋」受講者向け説明会を行います

■今回受講者を募集する講座
連続ゼミ 5講座 (受講者:合計155名程度 / 受講料:有料)

■応募期間:2010年5月24日(月)~6月18日(金)午前必着

■講座・ゼミ内容/応募方法

(1)連続講座・集中合宿セミナー
連続講座の応募方法は、こちらをご覧ください。
http://www.bh-project.jp/artpoint/app/lab-03.html

①「アートプロジェクトの0123(オイッチニーサン)」
アートプロジェクトを起こすのに今あなたに足りないものは何か? 
多彩なゲストや実例をもとに、単なるイベントとは異なる「アートプロジェクト」をはじめるために必要な基本を学ぶゼミ形式のレクチャー。
http://www.bh-project.jp/artpoint/app/class01-01.html
● 講師:小川希(Art Center Ongoing)
● 会場:Tokyo Artpoint Project Room 302(アーツ千代田3331内)
● 定員:30名程度
● 受講料:社会人20,000円/学生10,000円(全20回)

②「プロジェクト運営 ぐるっと360度」
アートプロジェクトを行うために最低限必要な知識・スキルを学ぶためのレクチャーやワークショップ。
http://www.bh-project.jp/artpoint/app/class02-01.html
● 講師:帆足亜紀(アート・コーディネーター)
● 会場:Tokyo Artpoint Project Room 302(アーツ千代田3331内)
● 定員:20名程度
● 受講料:社会人10,000円/学生5,000円(全8回)

③「『見巧者を育てる』―批評家・レビュワー育成講座」:
「読む」「観る」「書く」という3つの柱によって、アートやアートプロジェクトを文章で「伝える」人材を育成するセミナー。
http://www.bh-project.jp/artpoint/app/class03-01.html
● 講師:小崎哲哉(REAL TOKYO/REAL KYOTO 発行人・編集長)
● 会場:Tokyo Artpoint Project Room 302(アーツ千代田3331内)
● 定員:15名以内
● 受講料:社会人15,000円/学生7,500円(全8回)

④「アートプロジェクトを評価するために~評価の<なぜ?>を徹底解明」:
アートプロジェクトの意義や価値を言語化し、その成果について評価していくことの意義や、そのためには何が必要なのかについて学ぶレクチャーやワークショップ。
http://www.bh-project.jp/artpoint/app/class04-01.html
● 講師:若林朋子(社団法人企業メセナ協議会)
● 会場:Tokyo Artpoint Project Room 302(アーツ千代田3331内)
● 定員:15名程度
● 受講料:社会人10,000円/学生5,000円(全8回)

⑤「アート活動としてのアーカイブ」
アーカイブの歴史からアーカイブを作るためのノウハウまでさまざまなトピックをとりあげ、アート活動のアーカイブ化とその意義について考える連続レクチャーと研究会。
http://www.bh-project.jp/artpoint/app/class05-01.html
● 講師:NPO法人アート・アンド・ソサイエティ研究センター
● 会場:Tokyo Artpoint Project Room 302(アーツ千代田3331内)
● 定員:15名程度
● 受講料:社会人6,000円/学生3,000円(全5回)


(2)集中合宿セミナー1・2「アートのお金と法律入門」:
アートプロジェクトの実施に必要な法律知識や会計知識を学ぶ集中合宿セミナーです。

9月開講セミナーの申込受付開始:7月上旬
2月開講セミナーの申込受付開始: 12月上旬(予定)

● 講師:Arts & Law(NPO法人コミュニティデザイン協議会)
● 会場:都内宿泊施設
● 定員:各回30名程度
● 受講料:未定(10,000円程度を予定)


(3)公開講座

応募方法等については、随時更新されますので、詳細は、ホームページをご覧ください。http://www.bh-project.jp/artpoint/app/lab-03.html

① 「Tokyo Art School 2010」:
現代の社会や東京について知り、東京で新たな活動を実践していくための視点を学ぶレクチャーやセミナーなど。
http://www.bh-project.jp/artpoint/app/open01-01.html
● 講師:NPO法人アーツイニシアティヴ東京〔AIT〕
● 会場:Tokyo Artpoint Project Room 302(アーツ千代田3331内)
● 定員:30名程度
● 受講料:一般10,000円 /学生・AITメンバー7,000円

② 「日本型アートプロジェクトの歴史と現在 1990-2010」
1990年代以降の日本のアートプロジェクトの歴史とその意義について考察する連続レクチャー。
http://www.bh-project.jp/artpoint/app/open01-01.html
● 講師:熊倉純子(東京藝術大学 教授)
● 会場:Tokyo Artpoint Project Room 302(アーツ千代田3331内)
● 定員:30名程度
● 受講料:無料

③「世界の現場から Talk & Cast 」
国外のさまざまなアートプロジェクトの現場体験者の報告会プログラム。
http://www.bh-project.jp/artpoint/app/open03-01.html

④トークシリーズ「東京を考える、語る」
美術家の川俣正氏とゲスト講師による、現代の社会や東京について知り、東京で新たな活動を実践していくための視点を学ぶレクチャーやセミナーなど。
http://www.bh-project.jp/artpoint/app/open04-01.html
[PR]

by books131 | 2010-05-21 21:05 | イベント転載