5.16デモ ”女が歩く・女が動くメーデー”


======================================================
5.16デモ
~~~~WOMEN'S"WALKING" MAYDAY in SHIBUYA~~~~
”女が歩く・女が動くメーデー”
======================================================
○日時 5月16日 14時集合 15時出発
○集合場所 渋谷勤労福祉会館(住所:神南 1-19-8 (郵便番号:150-0041))
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kinro.html
○デモコース
渋谷周辺を予定しています。詳細は追ってお知らせいたします。
○主催 
女性と貧困ネットワーク
http://d.hatena.ne.jp/binbowwomen/




○連絡先 
03-3261-3397(留守電&ファックス)
binbowwomen@gmail.com

☆手作りサウンドデモ(っぽいもの??)目指します!鳴り物(ラッパ・鈴・笛・太鼓・マラカス・ペットボトルに石を入れたものなどなど)持ち込み大歓迎
☆仮装・コスプレ等歓迎。「普通」「地味」な格好もちろん歓迎。
☆プラカードもちろん大歓迎。
☆当日叫ぶ「コール」を募集!(binbowwomen@gmail.com)ex. 「女を安く使うな!」「パートさんと呼ぶなー・名前で呼べー」等々。
☆当日はマスコミが来ることが予想されます。顔が出ることがまずい方は、サングラス・帽子等で顔を守っていただきますようお願いいたします。
☆賛同団体・個人は(公表可の方は)随時ブログ等でご紹介させていただきます。またデモコースなどの情報も随時アップします。(http://d.hatena.ne.jp/binbowwomen/)
☆デモのカンパ受け付けます(当日のカンパも受け付けます)。

<カンパ振込先>
郵便口座番号(郵便局窓口・ATMで振り込まれる場合)
00130-2-472572 名義:女性と貧困ネットワーク
※銀行から振り込まれる場合
店番号 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
預金種目:当座
口座番号:0472572
通信欄に「メーデーカンパ」とお書きください。
※※ 賛同される方は以下を下記の連絡先にあててお送りください。
メール:binbowwomen@gmail.com(題名は「女性メーデー賛同」としてください)
※郵送:東京都千代田区神田神保町2-18 日下ビル2F
NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ方

~~~~WOMEN'S"WALKING" MAYDAY 呼びかけ文~~~~

はたらいていない女・はたらいている女
強気の女・弱気の女
正社員の女・パートの女
結婚している女・結婚していない女
「日本」の女・「外国籍」の女
母である女・子どものいない女
・・・
女達は負ってきた傷によって、社会制度によって、互いに知らないことによって、
お互いが対立した関係と思えてしまう場合がある。
そしてメーデーは「労働者のための日」といわれているけれど、
女にとって「働く」とはウチでも外でもぶつかる問題だ。
外で働けば低賃金、不安定な仕事ばかり。
ウチに帰れば「家事」というしごと、「介護」というしごと。
働いていないと思っていても「働いている」ことがよくある。
働く気が起きない私は怠け者。
でもよくよく社会を見れば働くことから疎外されていることも多い。
だから、今日は働いている/働いていないという線引きのない、女のメーデー。
とりあえず、歩いてみよう。ゆるゆると。
「言いたいことが言えない」 
それはもしかしたら、どんな立場の女でも共通した悩みかもしれない。
私の悩みを社会につなげるため
女性の悩みを社会につなげるため
職場のイジメが耐えられない!
仕事を休みたい!
泣き止まない赤ちゃんをどうしよう!
介護がしんどい!
結婚しないと肩身が狭いなんていやだ!
制服のクリーニング代くらい会社で出せ!
などなど。
車道のまんなかで叫んでみよう。
叫び声が女たちへの呼びかけになるように
叫ぶことが難しければ、
叫び声を聞きながら、ゆっくり歩いてみよう
デモの参加が難しければ、沿道で叫ぶ声に対して手を振ってくれてもいい。
女性が自分を嫌わないために。
女性が自信を持つことができるために。
女性が女性にとって「敵」ではなく、支えあう「人」となるために。女性同士が支えあえる「社会」をつくるために。
一緒に、渋谷を歩きませんか

~~~
○賛同団体(五十音順)
アジア女性資料センター/安全な労働と所得保障を求める女性介護労働者の会/NPO法人自立生活サポートセンターもやい/クオータ制の実現をめざす会ふくやま/くにたち派遣村/主婦戦線/女性のホットライン・ふくしま/女性ユニオン東京 /生存の
ためのメーデー広島実行委員会/働く女性の全国センター/陽のあたる毛の会/ペイ・エクイティ・コンサルティング・オフィス/府中地域で生きる仲間の会/みんなであたらしい広島県をつくる会/

○賛同個人(五十音順)
青山薫(京都大学助教)/荒川ユリ子/安斎加奈/伊藤みどり(働く女性の全国センター)/いなりあきこ(「もの作り組合シスターふっと」発起人)/うてつあきこ(NPO 法人自立サポートセンターもやい)/岡晃
子(社団法人京都勤労者学園)/岡嵜啓子/京極紀子(学校事務職員労働組合神奈川)/国澤静子(主婦戦線)/栗田隆子(有限責任事業組合フリーターズフリー)/黒田節子(福島県・公務パート)/さとうしゅういち/白崎朝子(介護福祉士・ライター)/鈴木悠可/高浜敏之(くにたち派遣村)/田中宏治/NAOKO IKEDA/中川志保子/中村順/七尾寿子/藤井豊味(女性ユニオン
東京)/北条うらら/ミヤマアキラ(デルタG)/本山央子(アジア女性資料センター)/ようこ/吉岡多佳子(4.29「逃散や不服従」メーデー~DIYプレ企画「満腔の思いを託したパペットを、公共空間に乱立させるために!」発起人)/屋嘉比ふみ子/吉田孝行 (敬称略)
(2010/5/9現在)

※賛同団体・個人等ぞくぞくと増えています。カンパもいただいております。個々のメールにお返事できず恐縮ですが、この場をお借りして賛同の皆様に御礼申し上げます。更なるご賛同をいただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
[PR]

by books131 | 2010-05-11 17:53 | イベント転載