世界のお母さんと赤ちゃんに笑顔と健康を

アムネスティ・ウェブアクション
世界のお母さんと赤ちゃんに笑顔と健康を
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

世界では、毎年50万人を超える女性が、妊娠や出産時に命を落としています。
その大半は、途上国に住む女性です。

2000年の国連ミレニアム宣言に基づいてまとめられたミレニアム開発目標のうち、
ゴール5は「妊産婦の健康の改善」です。その趣旨は、2015年までに妊産婦の死亡率を
1990年の水準の4分の1に削減すること、性と生殖に関する健康(リプロダクティブ・
ヘルス)の普遍的アクセス(必要とする人が利用できる機会がある状態)を実現する
ことです。しかし、成果があがっているとはいえません。

6月のG8サミットは、ミレニアム開発目標について、これまでの評価や今後の取り組み
について議論する9月の国連ハイレベル会合へ向けてイニシアチブを発揮する重要な
機会です。G8のメンバー国である日本政府に、ミレニアム開発目標の一つである妊産婦
の健康を向上させるために積極に取り組むよう求めるオンライン署名に、以下から
ぜひご参加ください。

◆ウェブアクションはこちらから↓
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=3055

*50人の署名が集まると、お母さんのシルエットが一つ完成します。
集まった署名は、6月のG8サミット前に日本政府に提出します。



アムネスティ・ウェブアクション
ブルキナファソの女性に安全な出産と健康を
------------------------------------------------------------------------------------------------

ブルキナファソの女性の安全な出産と健康をを守るため、性と生殖に関する権利
および健康についての情報発信キャンペーンを全国で実施することなどを
ブルキナファソ政府(セイドゥー・ブーダ保健大臣宛)に要請する署名です。

ぜひご参加ください!

◆ウェブアクションはこちらから↓
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=3057

<転送歓迎!>
------------------------------------------------------------------------------------------------
アムネスティ・ウェブアクション
カナダ:グラッシーナロウズの土地を破壊しないで!
------------------------------------------------------------------------------------------------

カナダ、オンタリオのダルトン・マッギンティ州首相あてに、オンタリオ州の先住民族グラッシー
ナロウズの伝統的な土地利用について、2008年の覚書に則るよう要請するウェブアクションです。

ぜひご参加ください!

◆ウェブアクションはこちらから↓
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=2765
[PR]

by books131 | 2010-05-10 21:43 | イベント転載