-天文・医療・文化財 あらゆるものの姿をあらわすX線の謎にせまる-

■京都大学総合博物館2010年春季企画展■
2010年4月28日(水)―8月29日(日)
科学技術Xの謎
-天文・医療・文化財 あらゆるものの姿をあらわすX線の謎にせまる-
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2009/100829_1.htm
-------------------------------------------

ノーベル賞第一号のレントゲン博士がX線を発見した翌1896(明治29)年、
東京と京都とで、日本の第一線の物理学者たちがX線の追試実験に挑みます。
115年後の今日、京都大学には医学、理学、工学、農学、薬学、文学など
さまざまな分野でX線が利用されています。京都大学総合博物館には、
京都の旧制第三高等学校の村岡範為馳教授が島津源蔵(二代目)とともに、
X線追試実験でつかったX線用ガラス管を収蔵しています。展示では、
その歴史の第一歩に加え、ロボット、ミイラ、考古出土品、宇宙、など
X線研究の広がりを黒地に淡く白い陰影として写し出すレントゲンフィルム
で伝えるX線写真展として紹介します。



■同名の書籍『科学技術Xの謎』が5月に発売されます(予定)■
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAZ59957/
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102904094
http://www.kagakudojin.co.jp/index_next.html
-------------------------------------------

■京都新聞
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100419000162&genre=G1&area=K00
■共同通信
http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010041901000823.html
■読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100419-OYT1T01158.htm?from=main7
■産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100420/trd1004200114000-n1.htm
ほか、四国新聞社、西日本新聞社、静岡新聞、長崎新聞など多数
[PR]

by books131 | 2010-05-09 11:04 | イベント転載