[霜田誠二パフォーマンス・アート・ワークショップ・イン 大阪 第2弾]

[一般向けイベント]
大阪5月22日(土)
午後7時~9時
会場:ワークショップと同会場
◆ビデオ上映会「パフォーマンス・アートの直接哲学(フィロソフィー・ディ レクト)」 解説:霜田誠二
上映作品(時間の都合上、部分上映になります)
1ジュリアン・ブレン(フランス)2ジョン・ジョルノ(アメリカ)3陳界仁 (台湾)4ラリー・ミラー(アメリカ)「サム・フルクサス」5イシュトバン ・カントール(カナダ)6エレーナ・テハーダ(コロンビア)他
★入場料:一般1,200円、学生1,000円(予約200円引き)

5月23日(日)
会場:ワークショップと同会場
◆第1部(午後7時~午後7時50分):
霜田誠二ビデオ・レクチャー「第17回ニパフと、世界のパフォーマンス・アート」
◆第2部(午後8時から午後9時半まで)
ライブ・パフォーマンス 出演:霜田誠二とワークショップ受講生全員
★入場料:一般1,800円、学生1,500円(予約200円引き)

受講申込、問合せ:E-mail :hasichop@f2.dion.ne.jp(大橋)
又はE-mail: nipaf@avis.ne.jp、090-1652-9127

受講希望の方は、直接会場に来てもらっても良いですが、なるべく事前に申込 をして下さい。

主催:日本国際パフォーマンス・アート・フェスティバル(ニパフ)実行委員会
協力:キッド・アイラック・アート・ホール、大阪市立大学都市研究プラザ

★霜田誠二(1953年生れ)は、1970年から詩を書き始め、1975年にパフォーマ ンスを始め、1982年からは海外でも活動を始め、これまでに50カ国以上の数百 の国際フェスティバルに招待されている。1993年から開始したニパフを東西の 架け橋として機能させ、アジアにこの分野を普及させた功績は高く評価されて いる。最近はこの分野の教育者としても、各国で多くの実績を積んでいる。詩
人。ニパフ代表。武蔵野美術大学非常勤講師。アジア・アート・アーカイブ (A.A.A.)国際アドバイサー。マカオ美術館常任「中国行為芸術資料展」最終 選考者。2000年ニューヨーク・ベッシー賞(パフォーマンス・インスタレーシ ョン・メディアアート部門)受賞者。
--
[PR]

by books131 | 2010-05-05 21:58 | イベント転載