第25回 鑑賞ツアー「M.C.エッシャー展」のご案内

第25回 鑑賞ツアー「M.C.エッシャー展」のご案内

       2010年3月21日(日)/奈良県立美術館

3月は謎なぞのエッシャー(オランダ出身の版画家、1898年ー1972年)です。
エッシャーがアメリカをはじめとして幅広い人気を集めだしたのは、1960年代末
から70年にかけてです。
ベトナム戦争がもたらした当時の屈折した価値観のもとで、アメリカのヒッピーたち
はエッシャーの世界に描かれた相対的空間や無限循環の構造などに、心理的な共鳴を
覚え、その後もエッシャーファンは世界中に広がっています。
エッシャーが創る作品はとても不可解で、見えない位置のものを見る、2次元の中に
3次元世界を表現する、不思議なだまし絵(トロンプ・ルイユ)。
鑑賞者は魔術師のトリックにひっかかり、平面とは信じられないほどの遊びのための
遊びを愉しめ、知的好奇心をそそられ、世界の見方が変わるかもしれません。
今回の展覧会ではハウステンボス美術館所蔵の代表作80点が観られます。
もっとも評判になった作品「昼と夜」も展示。
ツアー開催日の3月21日は昼夜の長さが同じ春分の日。
一日だけでも、あり得ない世界にだまされてみましょう。
                (コーディネーター:中山登美子、鳥養庸子)

■日時   3月21日(日)1時40分~5時まで

■会場   奈良県立美術館(近鉄奈良駅1番出口から徒歩約5分、JR奈良駅から
      奈良交通バス[県庁前]下車)

■集合場所 1、1時30分 近鉄奈良駅の東改札口
  2、1時40分 奈良県立美術館前 


■参加費  800円


■当日スケジュール 1時40分         美術館前に集合、受付
          2時から2時10分まで   講義室にてグループ分けと鑑賞方法についての説明
          2時10分から30分まで  学芸員の南城守さんによるレクチャー        
          2時30分から4時まで   自由鑑賞
          4時15分から5時まで   cafe「萬菜」(美術館向いの
                        奈良県文化会館内)にて感想 
                        会(自由参加、実費)

■募集人数 見えない人/見えにくい人 10名
     見える人         20名
      (定員になり次第締め切ります。)


■申し込み/問い合わせ [ミュージアム・アクセス・ビュー/阿部まで]
            お名前、ご住所、連絡先、障害の有無、同伴者の有無を
            お知らせください。
            ●携帯電話 080ー5352ー7005
            (留守電の場合はこちらから連絡します。当日の緊急
            連絡先もこの番号へお願いします)
            ●メールアドレス museum_access_view●yahoo.co.jp
(受付後、折り返し確認メールを送ります)
[PR]

by books131 | 2010-02-25 14:05 | イベント転載