湯浅誠さんからのおしらせ

■1(埼玉)
2010年2月23日(火)15:00~20:00(3月にも開催日あり詳細下記)@JACK大宮 5階 集会室
暮らしとこころの総合相談会

■2(東京)【記者会見のお知らせは報道関係者の方へ】
<デモ>2010年2月26日(金)10:00~@日比谷公園「霞門」集合
<記者会見>2010年2月26日(金)11:00~@東京地裁内・司法記者クラブ
★2/26「麻生邸リアリティツアー弾圧」 国賠訴訟団結成、提訴・デモ・会見のお知らせ★

■3(京都)
2010年2月27日(土)13:30~@キャンパスプラザ京都
シンポジウム「見えてきた貧困」

■4(愛知)
2010年2月28日(日)13:00~16:30@名古屋市中区役所ホール
なくそう貧困、つながろう愛知集会~反貧困ネットワークあいちに向けて~

■5(群馬)
2010年3月19日(金)12:00~@「たまゆら」跡地前にて(集合時間・場所は別途あり詳細下記)
「たまゆら」火災事件一周忌追悼法要の呼びかけ





■1

http://www.pref.saitama.lg.jp/A03/BE02/osirase/21houkatu.htm
暮らしとこころの総合相談会

【日時】
平成22年2月23日(火)15:00~20:00
平成22年3月23日(火)15:00~20:00
【会場】 JACK大宮 5階 集会室
埼玉県さいたま市大宮区錦町682-2
JR大宮駅西口下車 徒歩1分 

【主催】埼玉県
【共催】さいたま市/埼玉弁護士会/埼玉司法書士会/夜明けの会/(福)埼玉県いのち
の電話/(NPO)ほっとポット

【対象】 県内在住の方
○相談無料
○予約なしでも相談することができます。

事前予約をご希望の場合は下記電話にて承っております。
【問い合わせ】 埼玉県立精神保健福祉センター
予約受付期間:平成22年2月1日(月)~3月22日(月)
受付時間:月曜日~金曜日(祝日を除く) 9:00~13:00
TEL 080-3659-1898(予約直通電話)

※予約直通電話は平成22年2月1日から使用可能です。平成22年3月23日以降使
用できませんのでご注意ください。

【内容】弁護士・司法書士・社会福祉士等による多重債務・生活・失業相談および保健師
・精神保健福祉士・臨床心理士によるこころの健康相談を合同で行います。


*****

■2

【記者会見のお知らせは報道関係者の方へ】
★★2/26「麻生邸リアリティツアー弾圧」国賠訴訟団結成、提訴・デモ・会見のお知らせ★★

■記者会見
【日時】2010年2月26日(金)午前11時より
【場所】東京地裁内・司法記者クラブ(千代田区霞が関1-1-4高等裁判所2階)

■デモ
【日時】2010年2月26日(金)10時より
【場所】日比谷公園「霞門」集合
【デモコース】「霞門」出発~弁護士会館~桜田通り~国会通り~厚生労働省前~公安調査庁前~
検察庁前~内堀通り~警視庁前~東京都公安委員会前~東京地方裁判所前到着
http://maps.google.co.jp/maps/ms?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&brcurrent=3,0x60188becdab11cb3:0x751db691b0d526d7,0&brv=20.22&ie=UTF8&hq=&hnear=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%8D%83%E4%BB%A3%E7%94%B0%E5%8C%BA%E9%9C%9E%E3%81%8C%E9%96%A2%EF%BC%91%E4%B8%81%E7%9B%AE&start=0&msa=0&msid=100029386361627364435.00047fc7adb6737974bb8&ll=35.675043,139.754537&spn=0.006258,0.016512&z=17

【主催】麻生邸リアリティツアー国家賠償請求訴訟団(「麻生国賠」)
【HP】http://state-compensation.freeter-union.org/
【メール】realitytour.st.comp@gmail.com
【連絡先】〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-16-13MKビル2F
TEL・FAX 03-3373-0180 フリーター全般労働組合気付

日頃より大変お世話になっております。
去る2008年10月26日に東京・渋谷で行われた「リアリティツアー2 62億って
どんなだよ。麻生首相のお宅拝見」にて3名が不当逮捕され、youtubeの映像を
通して抗議の声が広がったことはみなさまもご記憶されていると思います。
ただ歩道を歩いていただけで「公安条例違反」、一切手を出していないのに
「公務執行妨害」とするひどい逮捕事件でしたが、映像は再生20万回を超え、
全国から抗議への賛同や文化人声明が集まり、国会でも追及されました。
そして11月に無事3名の釈放と不起訴を勝ち取りました。
そして事件から1年数か月たったいま、逮捕された当該、不当な家宅捜索を
受けた組合、その支援者が中心となり、責任者を追及し、不当弾圧をなくし
ていくために、国と東京都を相手取って国家賠償請求請求を行うことを決意しました。
本日お伝えさせていただくのは、その提訴と記者会見・デモのお知らせです。
麻生自民党政権は終わりましたが、一人目の不当な逮捕理由とされた
「東京都公安条例」は今も市民の様々な社会運動を規制しています。
また、大阪・柏原市で生活保護申請をビデオ撮影したことによる昨年10月の
逮捕事件など、麻生弾圧に反撃した市民メディアの大きな役割を踏まえて
映像撮影者への規制も強まっており、報道の自由にとっても弾圧は脅威と
なっています。そして何よりどんな政権になっても、市民の側の監視や抗
議が現状を変えるために必要なことは検察・警察による取調べの可視化
問題などでも明らかだと思います。
そこで私たちは来る2月26日朝に提訴を行った後、以下の通り記者会見・
デモを行います。ぜひともご参加・取材の程、宜しくお願い致します。
その後の裁判も長い戦いになりますが、ぜひご注目・ご支援をお願い致します。


*****

■3

シンポジウム「見えてきた貧困」

「見えてきた貧困」というテーマでシンポジウムを開催します。
尾藤廣喜弁護士のコーディネートにより、
木下秀雄先生、後藤道夫先生、河添誠さん、井上摩耶子さんという、
そうそうたるパネリストの方々によるパネルディスカッションです。
ぜひともお誘いあわせのうえ多数ご参加ください(参加費無料、
事前申込不要)。

【日時】2010年2月27日(土)午後1時30分~
【場所】キャンパスプラザ京都(JR京都駅近く)
【主催】京都弁護士会・法テラス京都
【参加費・申込】参加費無料・事前申込不要


*****

■4

なくそう貧困、つながろう愛知集会
~反貧困ネットワークあいちに向けて~

【日時】2010年2月28日 13時より16時30分まで
【場所】名古屋市中区役所ホール(名古屋市中区栄四丁目1-8 TEL052-241-3601)
地下鉄 東山線・名城線「栄」下車 12番出口 東50メートル徒歩3分
【入場料】無料(カンパ歓迎)

12:45~   オープニング(よさこい夢まつり・龍馬隊)
13:00~ 開会あいさつ           集会実行委員長 内河惠一
13:05~ 基調報告「派遣村から反貧困ネットワークあいちに向けて」
弁護士 森 弘典
13:20~ 当事者からの報告(7分×4)
(順不動) 
1.無料低額宿泊所     増田義男
2.派遣切りから1年    大窪孝宏
3.子どもの貧困     (高校生フェスティバル)
4.外国人問題      ワーカーズコープ保見ヶ丘より
13:50~ 来賓・国会議員あいさつ
14:00~ (休憩10分)カンパ呼びかけ 名古屋ふれあいユニオン 酒井 徹
14:10~ 基調講演(30分)「反貧困のための政策的課題」反貧困ネットワーク事務局長 湯浅 誠
14:40~ 基調講演(30分)「反貧困ネットワークの役割と課題」弁護士 宇都宮健児
15:10~ 活動団体からの呼びかけ(各5分・交代時間含)
1.女性ユニオン                 坂喜代子
2.NPO法人わっぱの会             斎藤縣三
3.住まいの問題について        中京大学 岡本祥浩
4.ミグランテ・名古屋(フィリピン問題)  タピル・ロサーナ
5.南民主商工会                 板平 勇
6.愛知県高等学校教職員組合          熊澤知加夫
7.愛知県民主医療機関連合会          久保田 武
8.NPO法人愛知県難病団体連合会   貝沼栄一
9.笹島診療所                  定森 光
10.かけこみ女性センターあいち  かけこみ女性センターあいちスタッフ
11.愛知県生活と健康を守る会連合会       高柳大太郎
12.いのちの電話           事務局長(大山さん)
13.東海労働金庫         増田英次
16:15~ 集会宣言 弁護士 森 弘典
16:25~ 反貧困ネットワークあいちの結成の呼びかけ  名古屋大学 和田 肇
16:28  閉会あいさつ                  藤井克彦


*****

■5

「たまゆら」火災事件一周忌追悼法要の呼びかけ

昨年3月19日夜、群馬県渋川市の無届老人ホーム「静養ホームたまゆら」で火災が発生し、10人の方の尊い命
が奪われました。
本年2月10日、群馬県警は「たまゆら」を運営していたNPO法人彩経会の理事長と施設長を業務上過失致死
容疑で逮捕しました。建築基準法に基づく建築確認申請をせずに、燃えやすいベニヤ板などを用いて施設の増改
築を繰り返していたこと、徘徊防止のため容易に外せない鍵を設置していたことなどが被害を拡大させたと見ら
れており、今後、人命を軽視したずさんな施設運営の全容が法廷の場で解明されることが待たれます。

「たまゆら」火災事件で亡くなられた10名の方のうち、6名は東京都墨田区、1名は東京都三鷹市で生活保護を
受給していました。私たちは事件の背景に彩経会の体質だけでなく、こうした劣悪で、安全配慮を欠いた事業者
に依存せざるをえないに生活保護行政の問題や東京都における住宅政策、高齢者福祉政策の不備、ひいては生活
に困窮する高齢者の居場所を東京都内に作れなかった都民全体の責任があるのではないか、と考え、昨年、都内
での追悼集会と現地での四十九日法要を行ないました。

このたび痛ましい火災事件から一周忌を迎えるにあたり、改めて火災で犠牲になった方々に哀悼の意を捧げ、
悲劇を繰り返さないためにそれぞれができることを考えるため、現地での一周忌追悼法要を実施したいと思いま
す。
当日、現地に来られない方にも正午から一分間の黙祷を呼びかけます。ぜひご参加ください。


【日時】2010年3月19日(金)正午より
【場所】「たまゆら」跡地前にて一周忌法要
【集合時間・場所】11時、渋川駅前集合後、車で移動します。
車での送迎を希望される方は、3月8日(月)までに下記にメールをお送りください。
tamayura0319@gmail.com

2009年2月19日

【呼びかけ人(五十音順)】 
阿木幸男(成蹊大学非常勤講師)
稲葉剛(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい代表理事)
金山明生(明治大学法学部教授、明治大学死生学研究所代表) 
沢見涼子(ルポライター)
中下大樹(寺ネット・サンガ代表、葬送支援ネットワーク共同代表、浄土真宗僧侶)
平久江剛志(明治大学死生学研究所研究員、葬送支援ネットワーク共同代表、志聖会代表)
本田徹(医師)

【お問い合わせ】メール:tamayura0319@gmail.com
[PR]

by books131 | 2010-02-20 15:41 | イベント転載